試行錯誤の部屋

パンやお菓子など試作いろいろ

自家製酵母のお菓子

2019年10月1日

10月がスタートしました。

消費税も10%になりました。

そして、昨日掃除機が壊れました(;O;)

 

秋になると、食材も美味しいものが沢山でてきて、あれこれ作りたくなります。

 

で、ここんとこ作っているのが、リンゴのお菓子やパンと、

自家製酵母のお菓子。

 

「バラのアップルパイ」は、紅玉が出てきてからのほうがいいね。色がどうしてもきれいにでないわ”(-“”-)”

これは11月のワンデイレッスンでやるので、その頃にはもう少しきれいな色が出る予定。

もう1品はリンゴのパン。

カスタードクリームも使います。甘あまの菓子パンです♡

 

 

自家製酵母のお菓子は、定番のマフィンやパウンドケーキ、クッキーなど。

 

ベーキングパウダーではなく、自家製酵母の酒種を使うところがミソです(^^♪

酒種の特徴で、かなりしっとりした滋味深いマフィンになります。

これは「自家製酵母パン研究科」でレッスンするよ。

 

2019年残り3カ月、めっちゃ忙しくなりそうだけど(^-^;;;;

美味しいもの作って食べて乗り切ろう!

 

こちらのボタンからラインに友だち追加してくださいね~(^^♪

1対1のメッセージのやりとりができます。

他の方にはメッセージの内容は見えません。安心してメッセージ送ってくださいね。

 

また、講座案内や先行募集、販売やイベントなどの情報をいち早くお届けします(^^)
友だち追加

 

 


販売と試作の日

2019年4月12日

昨日は試作と、それに伴う販売を行いました(^^♪

ご購入いただいた皆様、ありがとうございました。

 

今日販売したのは、ほとんとが試作パンでした。

なので料金的にも結構お安くなっていたと思います。

(購入のご協力ありがとうございます!)

 

ひとつのレシピを作るのに、平均3~4回、多いときでは10回以上試作します。

あくまでも「試作」なので、本来ならお金をいただいて食べてもらうのは申し訳ないと思っています。「試作だから…」と無償でさしあげてたりしたけど、タダでばかりではもらう方も気を遣うみたいだし、いつもタダでもらえると思われても困るしで…(^-^;

 

たぶん「パン教室の先生あるある」だと思うのですが、作る回数が多いので冷凍庫はパンパンになるし(^-^;、自家消費も追いつかず、ましてやうちみたいに家族が少ないと、試作パンの処理は本当に困るんです~

 

 

今日試作したパンは、イーストパン上級クラスと、自家製酵母パン上級クラス、そして5月のワンデイレッスン用のメニューでした(^^♪

 

5月のワンデイレッスンメニューは
少量のイーストで長時間発酵させて作るパンです。
(パン作り経験者向きのメニューです)

「カラフル三つ編み食パン」と「グリッシーニ」

日時:5/26(日) 5/29(水)10:00~13:00
受講料:4800円

パンは生地捏ねまで済ませた生地を用意して、分割からの作業になります。

一人1本(1斤)のお持ち帰りです。
またグリッシーニは、米粉を配合して短時間で作れるおつまみです。
カリッカリに焼き上げて、ワインなどと一緒に是非食べてほしいです(^^♪

 

お問い合わせ、お申込みはこちらから↓

お問い合わせ

 

なお、2019年度のパンワンデイレッスンは、不定期開催となります。

6月は梅干しの仕込みになりますので、次回のパンのワンデイは秋以降になる予定です。
是非是非ご参加くださいね~!

ラインの友だち追加はこちらから↓

レッスンや販売、イベントなどの最新情報をいち早くお届けします(^^)
友だち追加

 


3月の販売中止のお知らせ

2019年3月13日

Facebookにも書きましたが、

年明けから色々壊れてゆく現象が続いています。

 

最初は電気オーブンレンジ。

教室に東芝の石窯ドームを置いていたのですが、

自宅の古いほう(といっても7年くらいしか使ってない)が突然エラーコードがでて動かなくなり、調べると修理に結構金額がかかるらしいということで、教室に置いてあった石窯ドームを自宅用に持っていきました。(今教室には単機能電子レンジがおいてあります)

 

教室は電気容量が小さく、すぐブレーカーが落ちるので、電気オーブンがあまり使えなかったんです(^-^;

 

そして3月に入って、教室の古いほうのガスオーブンがついに動かなくなってしまいました。

リンナイのガスコンベクションオーブン。

 

かれこれ20年くらい一度もトラブルなく頑張ってくれてました。

ここ半年くらい、突然止まったり、予熱してたのができてなかったり…と「あれ?」って思うことがちょこちょこあって、でもおっちょこちょいの私が操作間違えたかなー…なんて思ってたんです。(いや「壊れた」と思いたくなかっただけか?)。

それがついにエラーコード61で、ファンが回らなくなってしまいました。

リンナイに修理依頼をしたところ、ファンだけなら部品は取り寄せればあるけど、部品代で2万くらいかかるし、なにしろ古いので開けてみたら他にも交換しないとダメなところが見つかる可能性が大きく、5万はかかるかも…と言われました。

この先どれくらい使うか…と考えたら悩ましいところだけど、今もう1台必要なのは間違いないので、今回は新しく購入することにします。(えーっ?…ってことは、70歳までは教室やるってか~!?(^▽^;)?)

 

そんなわけで、3月中のパン販売は中止にすることになりました。

1台で販売できるほどの量と種類を焼くのはちょっと難しいのです(できないことはないけど…)

申し訳ありません。。。

 

そして。。。

昨日、自宅のプリンターが壊れました(泣)

こちらは7~8年くらい?使ったもの。

レッスン前に、レシピの印刷していて、完全に用紙を巻き込んで取れなくなってしまいました。

そういえばここ2~3年よく紙詰まり起こしてたな。。。

分解すればなおるのか…でも私の場合そのまま壊す可能性大。

プリンター、最近は安くなってるから、もうこっちは買い替えかなぁ。

 

余談ですが、

最近PCを新しく買って、古いPCのデータ移行をしてるのだけど、これがもう面倒くさい!

古いノートPCの本体と画面がはずれかけてて、DVDのディスクを抜き差しするところが全く開かなくなってしまった。

PCは本当に壊れてからでは遅すぎるので、早めに新しいのに変えようと思ったのだけど、

あとから自分で入れたソフト(ラベル屋さんとか画像処理ソフトとかetc)を自分でもう一度入れないと、データが使えない。

 

ああーっもう、本当にメンドクサーイ!!!

 

もうこれ以上壊れたりトラブったりすることがないことを願っています。

 

ラインの友だち追加はこちらから↓

レッスンや販売、イベントなどの最新情報をいち早くお届けします(^^)
友だち追加

 

 

 

 


中味の濃~いパン講習

2019年2月13日

先日参加した『粉やの息子』製パン勉強会のお話です。

ものすごく中味の濃いマニアックな勉強会で、オタクな私はメチャメチャ楽しかった~!

 

私が普段粉を仕入れてるサイト「粉やの息子」の大阪食糧卸株式会社主催で、

大阪の泉佐野市の鳥越製粉の協力のもと、9:30~17:00までビッシリの勉強会でした。

 

実はこの日、夫の旧正月休暇に合わせて北海道から息子が帰省する日だったんです。

でも3ヵ月も前に抽選で当たったこの講習会、どうしても参加したくて、でも1年に1回の家族が揃う日だから、できるだけ早く帰りたくて、もし内容がしょうもなかったら途中退席しようと思って参加した講習会でした(^^;;;;)

 

ところが!
内容がめっちゃ濃かったんですよ~

5種類の生地で11種類のパンを作るもので、その生地も「ポーリッシュ法」「冷蔵法」「湯種法」「オートリーズ」などなど、粉もいろんな粉を使い、もちろん座学だけでなく実技で実際生地に触って作業。

 

講師(神戸マイスター 山西先生)や、その他のスタッフの皆様が本当にパン作りに精通している方ばかりで、質問もしやすく、難しい内容をとてもわかりやすく教えてくださり、今の私にとても合ったレベルの内容だったと思います。

「温度、時間、湿度、その他いろいろなことを、とにかく記録すること」

「何度も作ってその中で一番うまくできたものが、自分のレシピになる」など、技術的な話だけでなく、日頃パン作りをする中で私が思っていることあらためて再確認できる話や、

粉屋さんだけあって、粉についてのこまかいお話や

湯種をつくるときの温度がなぜ60度がよいのか、その温度にもっていくための粉と熱湯の比率などなど、オタクな私には面白くてためになるお話が盛りだくさんでした!

途中退席なんてとんでもなく、むしろ時間がゆるせば残って色々お話したかったほど~!!!

 

習ったレシピは是非復習して、自分のレッスンで再現したいと思います。

濃いお話を聞きたい方、是非レッスンにお越し下さい\(^o^)/

3月のレッスン予定はこちらから↓

2019年3月のレッスン日程

 

ラインの友だち追加はこちらから↓

レッスンや販売、イベントなどの最新情報をいち早くお届けします(^^)
友だち追加

 

 


ピンチ!酒種酵母死滅(>_<)

2019年1月4日

年末に自宅のオーブンレンジが壊れた事件は、

FB(フェイスブック)Line@のほうにも書きましたが、

年末にもう一つ大事件が起こりました!

 

大切に育て続けていた自家製酵母(酒種)を死滅させてしまったのです~(>_<)

 

12/30(オーブンレンジがこわれた日)に、自家製酵母を継ごうといつも通りヨーグルトメーカーにセットして、スイッチオン!

12時間後にみたら、餅のような団子状態!

 

瞬時に温度設定を間違えたことに気づきました

甘麹を作ったときの温度そのままでやっちまったのです~!!!

(あー、その時の写真とっとけばよかった!それどころじゃなかったから)

 

いつもなら、予備に最低でも100gくらい置いとくし、教室の冷蔵庫にも保険で置いてるのに、

今回は教室の分も引き上げて、家に100gくらいしかなくて、こんなときに限って継ぎ用に使った残りを中種用に全部使っちゃったのです。

 

酒種持ってる人に分けてもらうことも考えました。

でも年末年始。。。。

 

いちから種起こしするしかない。

『はじめての自家製酵母』のレッスンでいつも講義している、アレです。

5日かかるアレです(^^;;;;)

 

 

もう何年も継いでたから、いちからの種起こしはかれこれ10年ぶりくらいだろうか…

大丈夫!家中に酵母菌は飛んでるはずだから、うまくできる!ダメだったら誰かにもらおう!

そう自分をはげまして、生米からスタート。

 

1日目…シーン

2日目…少し白っぽく濁ってきた(よしよし)

3日目…同じく白い。でも少し香りが…?

4日目…ちょっと酒種っぽくなってるかも~?

5日目…完成。うん、いつもの酒種の香り。

念のため、もう1回継いでおこう。

そこからパンに使います。はたしてちゃんと活動してくれるかなぁ…

 

続きは後日。

 

ラインの友だち追加はこちらから↓

レッスンや販売、イベントなどの最新情報をいち早くお届けします(^^)
友だち追加

 

 

 

 


ながーい夏休み中ですが。。。

2018年8月18日

ブログの更新が8/7依頼止まってますが、なが~い夏休み中です(^^;)

といっても夏休みらしいことをしているわけではなく、

義母のことで動き回っているのと(「現実逃避したい」でちょこっと書いてます)

前に働いていた和菓子屋さんにお手伝いに行ったり、木工教室行ったり、

たまった事務仕事をしたり…と

相変わらず家周辺5キロ圏内ウロウロしております(^_^;)

 

そしてここ数日、朝晩涼しくなってきたので、やっとオーブン稼働する気になりました(*^_^*)

胡麻のハードロールに自家製ベーコンと人参サラダのサンドロール。盛りすぎてほぼ落としながら食べたよ(^^;;;;;) 味は絶品!自分で言うのもなんだけど、やっぱり市販のより自分ちのベーコンが一番美味しい♡♡

ちょっと変わり種で、乾燥ワカメの塩パン

これ、自家製パン酵母はいつもの米麹酵母(酒種)で、塩の代わりに塩麹を使い、ワカメにも若干塩気が入ってるということで、塩分が多かったからか発酵に時間がかかったなぁ。中種使ったんだけど夏なのに一次が室温5時間で8割発酵→パンチいれて→冷蔵庫で1晩。

 

電気オーブン2段焼きしたから、焼きムラがひどい~(-.-)

やっぱり電気は1段ずつ焼かないとダメだね。

でもワカメがいい味出してるし、酒種のモッチリ感もしっかりあって、味はかなりいい!

 

ベーコンも朝から家で燻製してます。

お惣菜系のパンも販売で出したいなぁ。ピザとか販売できたらいいんだけど。。。

 

ラインの友だち追加はこちらから↓

レッスンや販売、イベントなどの最新情報をいち早くお届けします(^^)
友だち追加

 


自家製酵母パンについて詳しく語る③

2018年6月12日

宝塚のパンと発酵教室こ・むぎのこうざきです。

『自家製酵母パンについて詳しく語る』シリーズその③です。

「え?まだあるの?」と思いましたよね?もう少しおつきあいを…(^_^;)

 

①でも少しふれたけど、自家製のパン酵母って基本的に素材はなんででもとれるんです。
メジャーなところではレーズン、果物。果物の中でもいちごやリンゴなど甘味のあるものは起こしやすいです。他にもヨーグルト、酒粕、意外なものではチョコレートやお茶など。

 

酵母の起こしかたは本によっても色々だけど、基本的には素材+水(+砂糖やはちみつ)を瓶などに入れて1週間くらい置いておくというもの。

素材にもともとついてる酵母菌が、一定条件下でブクブク発酵してくるのです。

このブクブク液はあくまでも「パン酵母のエキス」であって、そのほとんどがそのままイーストのかわりとして使うには力が弱すぎるのです(絶対使えないわけではないけど、発酵力が弱く時間がかかったり、パンの出来具合が安定しない…)

そこで、より発酵力を強めるために、そのエキスを「種」として育てていって、初めて使えるようになるというわけ。
「種」として育てる方法は、そのエキスに粉を足して1日、またさらに粉を足して1日…というふうに、何回か粉をたして「パン種」にします(こんなかんじ↓)

つまりエキスを採取してからパン生地を仕込むまでに、3~5日ほどかかるということ。
てことは、エキス採取に1週間、パン種にするのにさらに3~5日かかるの?
そうなんです(^_^;) 気の長い話ですよね~

 

さて、ここで「米麹由来のパン酵母(酒種)」のはなしです。

 

酒種は米麹+ご飯で作るという話は①でしました。

酒種もいっちばん初めの酒種酵母エキス採取は5日かかります。
1回目は米麹+生米+ご飯+水で元をつくり、5日かけて育ててゆきます。

そして5日後に完成したエキス。それはそのままもうパン酵母としてストレートで使えるのです。
つまり

酒種酵母は、粉を足して「中種」にしなくても使えるのです!

そしてできあがった酒種を使い続けるための「種継ぎ」は、10日に1回でいいという、なんともおおらかでズボラ向きなパン酵母です(^_^;)

ここまで読んだ皆さん、「酒種酵母」に興味が出てきましたか?

初めての自家製酵母~米麹からパン酵母を起こす~
6月23日(土) 7月16日(月・祝) 7月31日(火)

お申込みはこちらから↓

お問い合わせ

 

そして、こ・むぎの「自家製酵母パンレッスン」では、この酒種をストレートで使う「基本クラス」と、中種として使う方法も教える「アドバンスクラス」があります。

 

もちろん、この「酒種酵母」はストレートでも使えます。

でも、中種にしてつかうメリットもたくさんあります!

ちょっと応用編になるけど、ストレートで使う方法、中種として使う方法の両方を知っていると、酒種だけじゃなくほかの自家製酵母パンを作るときも、すごく応用が利きます!

そんなあれこれを「アドバンスクラス」でレッスンしてゆきます(^^)

 

面白そうだなと思ってくれたあなた!是非「酒種酵母」ワールドへお越しください\(^o^)/

お問い合わせ

 

「こ・むぎのライン」の友だち追加はこちらから↓
友だち追加

レッスン情報やイベント情報などいち早くお届けします!

 

エルジェンヌのライン@も始まりました↓
友だち追加


自家製酵母パンについて詳しく語る②

2018年5月30日

宝塚のパンと発酵教室こ・むぎのこうざきです。

 

前回は、私がパン作りに出会ってからの遍歴と、米麹由来の自家製酵母「酒種」の特徴について少しだけ書きました。

 

今回はこ・むぎの自家製酵母パンレッスンのことを書きます。

 

こ・むぎの自家製酵母パンレッスンは大きく分けて3つあります。

①初めての自家製酵母~米麹から酵母を起こす~

②自家製酵母パンコースレッスン〔基礎クラス〕

③自家製酵母パンコースレッスン〔アドバンスクラス〕

 

それぞれの特徴や内容については、「レッスンのご案内」をご確認くださいね~

 

①は米麹から酵母を起こすこと、そしてどのように使うか…に重点をおいたクラスです。酒種のことだけではなく、そもそも自家製酵母とは?から説明し、レーズンや果物などのパン酵母についても触れながら、わりとコアな内容になっています。
理論が解れば応用がきく…と考えているので、座学の時間をしっかりとっています。
もちろん、パンも作りますよ(^^)。その日作るパンは基本の丸パンです。一次発酵に時間がかかるので、生地はあらかじめこちらで捏ねて用意しますが、レッスン中に、生地捏ねもしてもらって、お家でも焼いていただけるようにしています。

初めての自家製酵母~米麹からパン酵母を起こす~
6月23日(土) 7月16日(月・祝) 7月31日(火)

お申込みはこちらから↓
お問い合わせ

 

②は酒種を使った、比較的作りやすい、成形しやすいパンを作ります。全4回のコースです。

 

③は、少しステップアップした、パンを作ります。酒種をストレートで作るほかに、中種にして作るパンなども登場。全6回のコースです。

 

①は単発のレッスンですが、②③はコースレッスンですので全回受講していただくことを前提としています。(②から③に進むかどうかは②を終了してから決めてもらえばOKですよ)

 

③を終了した時点で、おそらく1年は経過していると思うので、酒種のパン作りは相当のレベルに達しているはず?

 

自家製酵母に限ったことではなくイーストパンも同様ですが、パン作りは季節や温度によってとても左右されます。家庭製パンでは、発酵器などを使って温度管理をしても、やっぱり季節によってパンの出来が違ってきます。特に自家製酵母はイーストにくらべて劣等生?というと言葉は悪いけど、菌クンたちは個性派揃いなので、温度や湿度がとても重要。
出来れば四季をつうじて習得していただくほうがいいと思います(^^)

 

 

よく聞かれるのですが、①を受講しなければ②③を受けれないかというと、そういうわけでもなく、①を受けずに②だけでも③だけでもOK。①だけで終わってもOKです。
酵母起こしとか座学は不要、単に自家製酵母パンが作ってみたいというのもアリです。
ただし、②③ではパン酵母についての詳しい説明や起こしかたなどはしませんのであしからずご了承願います。

 

また、体験レッスンも可能です。

その場合は基礎クラスの中に入っていただき、1回4500円で受講可能です。(パンは基礎クラスの方と同じものを作ります)

 

イーストにはイーストの良さがあります。安定したパンが焼けます。
でも自家製酵母の酒種パンは、まさに菌くんと対話しながらパン作りをやっていく感じです。

優等生のイーストとは違う、個性派の自家製酵母ワールドへ足を踏み入れてみませんか?

 

①初めての自家製酵母~米麹からパン酵母を起こす~
6月23日(土) 7月16日(月・祝) 7月31日(火)

 

お問い合わせ、お申込みはこちらから↓

お問い合わせ

 

ライン@の友だち追加はこちらから↓
友だち追加


自家製酵母パンについて詳しく語る①

2018年5月29日

宝塚のパンと発酵教室こ・むぎのこうざきです

今回はちょっと長文です。自家製酵母パンについて熱く語っちゃいます。

 

 

その前に、私のパン遍歴を。。。(興味ない人は読まなくてもいいよ~)

私はパン作りをはじめてかれこれ20年以上になりますが、その当時は自家製酵母なるものがあることも全く知らず、ドライイースト=パン酵母ということも全く理解していなかったですね(^_^;)

そして15年くらい前にホシノ天然酵母に出会い、イーストとは違うおいしさにすっかり魅了されてどっぷりホシノにはまりました。

 

自分でパン酵母が起こせるということを知るのはホシノをはじめてからすぐのことだったけど、もっぱら自己流で、これがちゃんとできてるのかもわからず、自家製酵母って硬くて美味しくないんだなぁと、あっさり挫折。

今みたいにインターネットもそれほど普及してない時代だったし(年がばれる(^_^;))、本とかで調べるくらいしかできなかったからね。

米麹で起こす「酒種」に出会ったのは10年くらい前。レーズンやその他の自家製酵母も同時期に出会いました。

レーズンや果物などで起こす酵母とは違い、管理も簡単でズボラな私向き(^_^;)。しかもご飯が好きな私好みの味と香りだったんです!運命の出会いだった!

 

この「酒種」は、ご飯と米麹が原料です。つまり甘酒(甘麹)と一緒なんだよね。

でも、作るときの温度や時間が違うと、一方はパン酵母になりもう一方は甘酒になるのです。

不思議ですよね~(^^)

微生物の力、発酵の世界って本当に面白い!

 

ご飯+米麹が「パン酵母」になったとき、ほんのり甘い日本酒の香りがします(だから酒種とも言う)。

 

酒種でパンを作った時に、最初によくした失敗は、生地がダレダレベタベタになって、触れない状態にしてしまったこと。

酒種酵母は高温NGです!

イーストのように(パンによって違うけど)、例えば1次発酵やベンチタイムで30度を超えてしまうとものすごく扱いにくくなります(>_<)。

 

米麹は様々な酵素をもってるんだけど、その中でも代表的なものに、

「タンパク質分解酵素(プロテアーゼ)」と「でんぷん分解酵素(アミラーゼ)」があります。

おそらくそれらが小麦粉のたんぱく質やでんぷんに作用するのではないかと思う。

 

だから酒種を使ったパンは、低温がポイントです。

 

長くなったので、この続きは次回へ(その②に続きます)。

 

ライン@の友だち追加はこちらから↓
レッスン情報やイベント、販売のお知らせなどお届けしています。
友だち追加


初めての麦味噌仕込み

2018年1月9日

宝塚のパンと発酵教室こ・むぎのこうざきです。

今年初めて『麦味噌』を仕込みました。

 

味噌って地域(地方)によって、本当に色々あるんですよ。一番多いのは米味噌だけど、米味噌も甘口だったり辛口だったり。

麦味噌は主に九州地方に多く、私は両親が九州出身なので、麦味噌で育ちました。転勤族だったので、いつの間にか米味噌になってたけど。

麦味噌は少し甘めで、色も白く、美味しいんです 😀

 

 

最近は米麹はけっこう手に入りやすくなったけど、麦麹はさすがにあまり出回っていないですね。

今回福井県越前市のマルカワみそさんで入手しました。

作り方は米味噌と同じ。米麹が麦麹にかわっただけ。

でも麦麹のほうが水分を吸いやすいって書いてあったけど、作業した感じは米麹とあまり違いが無いように思えたなー。

 

表面の黒い筋が、「麦麹」って感じですね(*^^*)

 

とりあえず半年以上は寝かせて(熟成させて)今年の冬くらいに解禁してみよう(^O^)
発酵食品の楽しみは、ゆっくりゆっくり待つことです。
忙しい今の時代に逆行してるけど、「待つ」時間を楽しめたらいいなぁと思うのです。

 

ライン@の友だち追加よろしくお願いします。
今年から1対1トークができるようになりました~!
友だち追加