宝塚の発酵教室 こむぎ

ブログ
BLOG
ホーム
>
ブログ
>
赤梅酢で紅生姜~発酵食/発酵調味料/保存食/腸活/発酵料理教室/宝塚こむぎ~
サムネイル

赤梅酢で紅生姜~発酵食/発酵調味料/保存食/腸活/発酵料理教室/宝塚こむぎ~

2024.06.30

こんにちは!
兵庫県宝塚市の発酵と保存食の教室〔宝塚こ・むぎ〕主宰
発酵プロフェッショナルのこうざきりえです。

6月に開催した梅干し講座

赤紫蘇を入れてすでに梅が赤くなっている人も多いと思います。

そして梅酢も真っ赤(というよりどす黒い赤ww)になってますよね。

 

この梅酢を利用して是非作ってほしいのが「紅生姜」

ちょうど今新生姜も出回っているのでいいタイミングです!

市販の紅生姜は意外と添加物が入っています💦
とても簡単なので赤梅酢がある方は是非トライしてみてね。

★~~~~~~★

作り方は

①生姜を洗って皮をむく
※新生姜は皮を剥かなくてもOK

②スライスしてさらに千切りにする
※スライスの大きさでよければ千切りしなくてもOK

③一度沸騰したお湯で10秒ほどさっと湯がいてザルにあげて粗熱をとる
※殺菌消毒のため

④③を冷ましている間に漬け汁を作る
・赤紫蘇を搾って赤梅酢を取り出す
(残った赤紫蘇はビニールに入れて冷凍可)
・赤梅酢にハチミツや砂糖などを適量入れて好みの甘さにする
(砂糖は溶けにくいのでハチミツやシロップなどがお勧め)
※甘くなくても良いなら甘味料は入れなくてもOK

⑤粗熱がとれた③を消毒した瓶などに入れ、④をヒタヒタになるように注ぐ。

⑥保管は冷蔵庫で半年ほどOK

 

ちなみに簡単な動画も作りました↓

『赤梅酢で紅生姜を作る』

 

作ってみた感想などもいただけると嬉しいです(#^.^#)

 

************

宝塚こ・むぎ の講座は
理論の部分を結構大事にしています。

 

別にプロになるわけじゃないから理論なんて必要ない…
そう思われるかもしれないけど

例えばレシピに
「豚肉200g、塩麹大さじ1」と書かれていたとしたら
塩麹の塩分によって味が変わったり
豚肉が230gの場合、塩麹はどれくらい使ったらいいのか…など

応用できる知識があれば
手持ちのものでアレンジできるようになるんですよね。

 

発酵理論って
なんか難しそうと思うかもしれないけど、
日本発酵文化協会で学んで
発酵プロフェッショナルを取得した私が
わかりやすく、しっかり教えます!

 

ということで…

講座の一部を実際体験していただける
『個別体験レッスン(有料)』
を現在開催中!

のお申込みはこちらから↓

お問い合わせ

 

 

こちらのボタンからラインに友だち追加してください(^^♪

1対1のメッセージのやりとりができます。

お問い合わせも直接受付け出来ます。

(他の方にはメッセージの内容は見えません。安心してメッセージ送ってくださいね)

 

講座案内や先行募集などの情報をどこよりも先にお届けします(^^)


トップへ戻る