ブログ

タルマーリーツアー

2019年10月23日

台風が過ぎ去った10/21(月)に、

鳥取県智頭町にあるパンとクラフトビールの工房『タルマーリー』の見学ツアーに行ってきました。

 

教室の生徒さんや友人を募って8名と、タルマーリーさんが募集された7名で当日は15名ほどの参加者でした。

タルマーリーさんは、もともと千葉でパン屋さんをされていて、3年ほど前に現在の場所に移転されたのですが、なにしろ天然の麹菌を自分で採取し、そこから自分で米麹を培養してパン酵母を起こしたり、ビール酵母からクラフトビールを作ったり…と、地域全体で取り組んでおられるのです。

目指すのは、「野生の菌による発酵を起点とした地域内循環」だそうです。

パンやビールも大変美味しかったのだけど、それ以上に店主の渡邉格さんのお話が大変面白く、あっという間に時間が過ぎてしまいました。

菌や発酵のこと、パン作りのことなど包み隠さず話していただき、同じ「オタク」の臭いを感じました~(^-^;;;;

現在は、ビール酵母、酒種、レーズン酵母を使い、なんともびっくりな冷蔵工程でパン作りをされていて、とてもとても勉強になりました。

ビール酵母はとても強い酵母なんですよね。酒種だけでは安定しないパン作りも、ビール酵母を足してあげることによって、安定した楽なパン作りができる。。。うーん、ビール酵母おそるべし!使いたい!!!

 

機会があれば、是非是非また行きたい!

 

一緒に参加してくださった、生徒さんほか皆さん、楽しかったですね(^^♪

ありがとうございました。

 

 

こちらのボタンからラインに友だち追加してくださいね~(^^♪

1対1のメッセージのやりとりができます。

他の方にはメッセージの内容は見えません。安心してメッセージ送ってくださいね。

 

また、講座案内や先行募集、販売やイベントなどの情報をいち早くお届けします(^^)

 


自家製酵母のお菓子

2019年10月1日

10月がスタートしました。

消費税も10%になりました。

そして、昨日掃除機が壊れました(;O;)

 

秋になると、食材も美味しいものが沢山でてきて、あれこれ作りたくなります。

 

で、ここんとこ作っているのが、リンゴのお菓子やパンと、

自家製酵母のお菓子。

 

「バラのアップルパイ」は、紅玉が出てきてからのほうがいいね。色がどうしてもきれいにでないわ”(-“”-)”

これは11月のワンデイレッスンでやるので、その頃にはもう少しきれいな色が出る予定。

もう1品はリンゴのパン。

カスタードクリームも使います。甘あまの菓子パンです♡

 

 

自家製酵母のお菓子は、定番のマフィンやパウンドケーキ、クッキーなど。

 

ベーキングパウダーではなく、自家製酵母の酒種を使うところがミソです(^^♪

酒種の特徴で、かなりしっとりした滋味深いマフィンになります。

これは「自家製酵母パン研究科」でレッスンするよ。

 

2019年残り3カ月、めっちゃ忙しくなりそうだけど(^-^;;;;

美味しいもの作って食べて乗り切ろう!

 

こちらのボタンからラインに友だち追加してくださいね~(^^♪

1対1のメッセージのやりとりができます。

他の方にはメッセージの内容は見えません。安心してメッセージ送ってくださいね。

 

また、講座案内や先行募集、販売やイベントなどの情報をいち早くお届けします(^^)
友だち追加

 

 


いろんなことが動き出す~

2019年9月21日

ブログが夏以降とぎれがち…

宝塚こ・むぎは今休止してるの?と思われているかも(^-^;;;;

いや、ちゃんと動いていますよー

 

ものすごくプライベートな話なんですが、

実は家の住み替えをすることが決まって。

といっても、遠くではなく隣のマンションに住み替えるんだけど(^-^;

 

それで今の住まいも売ることが決まり、売りと買いとリフォームが同時進行で、

不動産屋やリフォームの打合せなど、ものすごくバタバタしている状況です。

 

引っ越しは年内…というか12/20までには引き渡さないといけないわけで、今手帳とにらめっこしながらスケジュール調整しています。

 

詰めっ詰めに予定入れて動いてるから、もう絶対病気できない!!!

 

そして。。。

忙しいと、なぜか無性にパンやお菓子が作りたくなる~(^-^;

定期試験中に、無性に掃除がしたくなった、あの感じ?(これわかる人いるかなー?)

秋は美味しいものがたくさん出てくるので、創作意欲がわくんですよね。

 

秋冬のパンも試作したいなー

そして今年もシュトレン❤

 

あー、作りたいなぁ。。。。

 

こちらのボタンからラインに友だち追加してくださいね~(^^♪

1対1のメッセージのやりとりができます。

他の方にはメッセージの内容は見えません。安心してメッセージ送ってくださいね。

 

また、講座案内や先行募集、販売やイベントなどの情報をいち早くお届けします(^^)
友だち追加

 

 


発酵の勉強で麹のチカラを実感!

2019年9月12日

9月も半ばだというのに、どうしてこんなに暑いんだろう…”(-“”-)”
暑いのはもうウンザリだ~!!!

 

さてさて。。。

 

8/30~9/2までの3日間、日本発酵文化協会の「発酵マイスター養成講座」の再受講をしてきました。これは、約4年ほど前に、東京で受講しその後試験を受けて資格を取得したものですが、その時は東京でしか開催されていなかったのが、1年ほど前から大阪でも開催されるようになったのです。

sdr

 

発酵の世界は日進月歩。特に乳酸菌や酵素は、まだまだ解明されていない分野です。

今回は自分の知識の再確認と、さらなるスキルアップにむけて受講してきました。

※以前『甘酒(甘麹)』のことについて、「甘酒は発酵ではなく発酵の前段階の『糖化』である」と書いたのだけど、確かにそのとおりなんだけど、協会では「微生物の力を人にとって有益なものに利用することを広義的に『発酵』と呼ぶ」と定義しています。
なので、賛否はあるけど、甘酒や塩麹も発酵食品と考えてよいようです(^^♪

 

4年前は、内容を受け取ることに必死で、咀嚼する余裕がなかったのが、今回は内容がすんなり入ってきて、発酵についての原理原則がより深まり、私が教室で皆さんに伝えていることは間違っていないという自分の自信にもなりました。

 

そして、麹菌や発酵食の持つ力は、本当に凄い!!!って再認識。

私自身、日本古来からある麹を使った発酵食品を意識して摂るようになってから、手足が冷える「冷え性」とは無縁だし、お腹を壊しやすい体質だったのがすっかり改善され、毎日快便!

そして何より(ブログにもよく書いていたけど)30年来の花粉症(スギ・ひのき)が、薬を飲まなくても過ごせるようになった!

 

おそらく体質改善?抵抗力や免疫力がUPした?

よくわからないけど、とにかく体調がものすごくよくなった!

 

こ・むぎで自家製酵母パンを受講している生徒さんの中には、酒種をそのまま食べるようになって、便秘が解消したり、肌がきれいになった…といっている人もいます。

(自家製酵母の酒種は、ごはんと米麹でできているので、パン作り以外にそのまま食べてもお料理に使っても美味しいんです!!!)

 

宝塚こ・むぎでは、パン作りを通して『発酵』についてのお話もたくさんお伝えしています。

「パン」も「味噌」も「甘酒」も「酢」も、すべて同じ発酵食品。
発酵の原理原則を知れば、全てつながっているということがわかります。

そんなマニアックな発酵について知りたい人は、是非宝塚こ・むぎのレッスンにお越しくださいね~(^^♪
自家製酵母パンの酵母の起こし方のレッスンも行っています。

お申込み・お問い合わせはこちらから↓
お問い合わせ

 

 

 

こちらのボタンからラインに友だち追加してください(^^♪1対1のメッセージのやりとりができます。

他の方にはメッセージの内容は見えません。安心してメッセージ送ってくださいね。

 

また、講座案内や先行募集、販売やイベントなどの情報をいち早くお届けします(^^)
友だち追加

 


酒種って?菌の不思議ワールド

2019年8月16日

宝塚こ・むぎの自家製パン酵母は、米麹から起こすもので

一般的に「酒種」と呼ばれるものです。

材料は甘酒や日本酒と同じで、米、米麹、水。

 

同じ材料で同じ発酵食なのに、一方は甘酒になり、一方はパン酵母になるという、本当に神秘的で不思議な生き物です(^^♪

「生き物」…そうです、全ては微生物のチカラ❤
目には見えないけど、小さな小さな生き物が起こす奇跡です。

 

酒種だけではなく、レーズンや果物などから起こす自家製酵母種はすべて微生物の力でパン酵母になったり、腐敗物になったりするんですねー。

発酵と腐敗は同じもの。人間にとって有用に働けば「発酵」、有害に働けば「腐敗」なわけです。
つまり、味噌などにつくカビも、味噌の熟成(発酵)も同じなんです。微生物くんたちは同じことをしているわけです。

 

 

酒種のもととなる米麹は、蒸したお米に麹菌をふりかけて、一定温度一定時間置くことによって「米麹」になるわけだけど、今や、この麹菌を作っている種麹屋さん(もやし屋ともいう)は、日本で10件ほどだとか(゚Д゚;)
是非とも末永く頑張ってほしいものです。。。

 

 

 

日本の発酵文化の中で育まれ、日本特有の発酵食のもととなる麹菌。
日本人のDNAに刻み込まれたものだと私は勝手に思っているので(^-^;
色々なパン酵母の中でも、この麹菌を使った酒種のパンは日本人の味覚に一番合っていると思っているのです(^^♪

 

パン屋さんやシェフの中には、自家製酵母をよく言われない方もいます。

自家培養するということは、パン酵母以外にも雑多な菌が混ざって、パンに適さないものも多く含まれたり、腐敗菌など有害なものもあるということです。

でもその人にしか作り出せないオンリーワンのパン酵母は(同じ酒種でも、作る人によって環境によって味が変わると思う)、オンリーワンのパンが作り出せると思うのです。

 

そう考えるとわくわくしませんか~(≧▽≦)!!!

 

 

さあ、ここまで読んで興味を持った方、

宝塚こ・むぎの「自家製酵母パンコース」へお越しください!

菌の力を借りて、菌と対話しながらゆっくりパン作りをしましょうヽ(^。^)ノ

 

 

お問い合わせ、お申込みはこちらから↓

お問い合わせ

夏休み子どもパン教室の風景

2019年7月30日

夏休みは恒例の「子どもパン教室」

2日間にわたって今年も開催しました(^^♪

 

今年は夏らしいパン「すいかパン」を作りました。

 

低学年の子も一生懸命作業してくれました。

作ったパンはそのままお土産に持って帰ってもらいました。

(試食はあらかじめ作っておいたスイカパンです(^^♪)

 

種にみたてたチョコチップ、みんな丁寧に並べてます。

お家でカットして、どんなスイカになってたか見てみたいな~ヽ(^。^)ノ

 

2日間、多くの方にお越しいただきありがとうございました!

 

こちらのボタンからラインに友だち追加してくださいね~(^^♪

1対1のメッセージのやりとりができます。

他の方にはメッセージの内容は見えません。安心してメッセージ送ってくださいね。

 

また、講座案内や先行募集、販売やイベントなどの情報をいち早くお届けします(^^)
友だち追加

 


なんかうまくいかない日

2019年7月20日

なんとなく物事がスムーズに進まないなぁ…って日、ありませんか?

まさに私は昨日(7/19)がそんな日で、

なんか噛み合わない、流れがスムーズにいかない、おまけに頭痛で苦しんだ一日でした(^-^;

 

私はわりとポジティブ思考なほうだと思ってて、マイナスな事象が起きても気づかないで終わって、あとから指摘されて「あー、そうか、そういう考え方もあるんだ」と思うほうなんだけど、

昨日は朝から頭痛で「なんかしんどいなー」でスタートしたからかなぁ…負のループにはまりました”(-“”-)”

 

 

午前中10:30~12:00の間に、マンションの設備点検(室内の警報器の点検)が来るので、その前に犬を幼稚園に預けて、その足で伊丹の公設市場にミニトマトを買いに行き(セミドライトマトを作るのに、大量購入したかった!)、これなら10:00には家に着くから、その前に郵便局で振込しようと立ち寄ったところから負のループが始まったのです。

ATMで処理できないやつだったから、窓口にいったら、対応した職員さんがまごついて、金額間違えてやり直したり…とかで、コンビニでピッてやれば1分で終わるのを、10分以上かかって処理。

でも、とりあえず家には10:15頃についたから、ホッと一息(*^-^*)

 

ところが…

来ない

「遅れてるのかなぁ…」と思って待ってたけど、

12:00になっても来ない…

 

頭痛はひどくなるし、12:00~13:00までは管理人室も昼休憩で閉まるから、

しょうがないので13:00過ぎてから聞きに行ったら、急いで連絡とってくれて

そのあとすぐやってきた。

「午前回ってた者がピンポンしたらしいんですけど、出られなかったと言ってました」って。

うそだ!絶対10:00頃来たんでしょう!時間早くきたに違いない!

「10:30には居ました」と強く言いましたよ( ̄ー ̄)

元々入れてた予定をキャンセルして時間とってたんだから、貴重な時間を返せーっ!で思ったわよ😠

 

ものの2~3分で終了し、午後からも出かける予定してたけど、

頭痛がひどくなり3:00頃まで横になってたわ。

 

4:30に阪急山本の澤田クリニックに、ピロリ菌の検査結果を聞きに行く予約してたので、

その前に銀行寄って、和菓子屋寄って(次のシフトをもらいに)…と段取り考えて、ボーっとしながら用意して出かけたら…銀行で財布を忘れたことに気が付いた( 一一)

サザエさんか~!!!

もう戻る気にならず、とりあえずクリニックの受付済ませたら、なんかめっちゃ混んでて、1時間くらい待つらしい(-“”-;)

困ったなー、犬のお迎え先に行くか…と一旦出て、犬を幼稚園から引き取って家に戻り、財布を持ってトンボ返り。

その頃には頭痛が治まってきてて「あ、なんか流れがよくなってきたかも」って感じがしたのです。

クリニックでもすぐ順番が回ってきて、帰りは雨も小雨になってたし、その後はスムーズに…

…ではなかった~💦

 

夜ご飯食べ終わってしばらくしたら、猛烈な腹痛😖🌀⚡

 

夜はシャワーではなく、しっかり湯船につかって、10:30には寝ました。

オシマイ。

 

長々と読んでくださって、ありがとうございました(^-^)

 

 

こちらのボタンからラインに友だち追加してくださいね~(^^♪

1対1のメッセージのやりとりができます。

他の方にはメッセージの内容は見えません。安心してメッセージ送ってくださいね。

 

また、講座案内や先行募集、販売やイベントなどの情報をいち早くお届けします(^^)
友だち追加

 


頑張ること、頑張らないこと。。

2019年7月9日

更年期真っただ中と言われる年齢ですが(^-^;

幸い自覚症状が少なく、大きな不調も感じず過ごす日々です。

よく聞く「顔から汗が噴き出してとまらない(ホットフラッシュ)」とか「起き上がれないくらいの体調不良」?

 

確か3~5年くらい前に、夜中に水浴びしたみたいに大汗かいて着替えたことが何度かあったり…

急激な眩暈と頭痛&吐き気で立ってられないときがあったりとか…

ふいに子どもが小さい頃のことを思い出して、涙が止まらなくなったとか…

 

それがそうだよと言われて「あー、そうだったのか!」って感じ(^▽^;)能天気です。

 

でも更年期を後ろ向きに捉えるのではなく、

ひとつ壁を超えて次のステップに行く過程と思えるといいなと思う。

 

 

ただ、さすがに体力の衰えは感じるわー

頑張れなくなってる。

 

発酵食ライフのおかげか、病気はむしろ若いころに比べてしなくなってる。

風邪とかお腹の調子が悪くなるとかは、昔にくらべて格段に減ってる。
(昔はお腹弱くて、しょっちゅう下してたから(^-^;)

 

でも体力がね。

当たり前だよね。50超えて細胞は確実に衰えているわけだから(^-^;

 

だから無理はしない。

 

私は結構「〇〇しなければいけない」「こうでなければいけない」と自分をくくってしまうクセがあって、

例えば人から「教室頑張ってるねー」って言われても、「いや、全然利益でてないからまだまだ頑張らないといけない」とか、人と比べて「あの人みたいにもっとやらないといけない」とか、自分を追い詰めてしまうところがある。

でも、最近は自分が苦しくならないように、

「いや、よく頑張ってるよね」

「自分は自分、人は人。やりたいことをやりたいようにやればいいよね」

と考えるようになった。

 

もちろん、教室運営や生徒さんに対しては、常に全力投球で動くけど、

抜くとこは抜く(なんかそんな歌があったような…)

 

わからないことは「わからないから教えて」と、

できないことは「できないからやって」と、

(老眼で(^-^;)見えないことは「見えないから教えて」と、

疲れたから「今日は風呂入らず寝る」と、

 

そんなふうに頑張らない自分もアリかなぁと思う今日この頃です。

 

こちらのボタンからラインに友だち追加してくださいね~(^^♪

1対1のメッセージのやりとりができます。

他の方にはメッセージの内容は見えません。安心してメッセージ送ってくださいね。

 

また、講座案内や先行募集、販売やイベントなどの情報をいち早くお届けします(^^)
友だち追加

 


パンとの出会いから今にいたるまで③

2019年7月1日

前回の「パンとの出会いから今にいたるまで②」で

『初めての起業レッスン』と出会ったところまで書きました。

 

2014年だったかなぁ…ちょっと記憶があいまいだけど、

宝塚市の男女協同参画センターで「女性のための初めての起業レッスン」という全4回の無料セミナーを受講しました。

そこで「起業の考え方」や起業するにあたっての基礎のそのまた基礎の部分を勉強させてもらったのです。

もうだいぶ前なので、正直内容はあまり覚えていないのだけど(^-^;
その時に出会った人たちと、今後もやりとりしませんか?ということで希望者だけでグループを作って情報交換をするようになったのです。

これが『宝塚発!起業ウーマンネットワーク エルジェンヌ』の誕生です。

現在はエルジェンヌを卒業された方もいるけど、その多くの方が多方面で活躍されています。

 

起業レッスンを受講したことで、自分の中で教室を趣味の延長ではなく「事業」としてやっていくことが段々具体的になってきたのです。

50代に入る頃でした。年齢的には遅すぎる?今時は起業を考える人は30~40代までがほとんどですよね。でも自分の中では「やりたいと思ったときがタイミング」と思っていて、年齢関係なくいつでもスタートはできると思ってる。

スタートはできるけど、それを継続することを考えたら、やっぱり若いときのほうがいいとは思う。

 

そんなわけで、自宅から出て教室専用スペースを探しはじめました。

「パンとの出会いから今にいたるまで~その④」につづく。。。

 

こちらのボタンからラインに友だち追加してくださいね~(^^♪

1対1のメッセージのやりとりができます。

他の方にはメッセージの内容は見えません。安心してメッセージ送ってくださいね。

 

また、講座案内や先行募集、販売やイベントなどの情報をいち早くお届けします(^^)
友だち追加

 


パンとの出会いから今にいたるまで②

2019年6月19日

その①で、約20年前にパン作りに出会って、

講師資格を取得し、教師資格取得前にパンスクールを辞めたところまで書きました。

 

パンは作れば作るほど、たくさんの疑問が出てくるのです。

今ほどインターネットで情報発信なんてあまり無い時代で、

手軽に調べるツールが無い。せいぜい本を読みあさるくらいで。

 

とにかくアンテナはって、パン屋でやってる教室とか、本に載ってる教室とか、地域情報誌やチラシなんかでいろんなところを探して、本当にいろんなところに行ってみたなぁ。

そこでわかったこと。

それは、パン作りって「正解」がないんだなーということ。

 

言ってること、やってること、先生によってみんな違うんだもん(^-^;

「正解」はないけど、例えば塩の役割とか、砂糖を入れすぎると発酵が阻害されることとか一応セオリーはある。

 

「なんで?」「どうして?」の疑問がますます膨らみ、

そしてわかった。

 

私は「こうだから、こうなる」という理屈がわかって、納得して次に進みたいタイプなんだということ。

 

話が戻りますが、今の場所で教室をやる前は、

フルタイムの仕事をしながら、自宅で月1~2回、有給休暇をとってパンを教えたり、土日に子どもお菓子教室をやっていました。

人に教えるということは、適当なことを教えるわけにはいかないし、自分ももっと勉強したくなるわけで、仕事しながら製菓学校の通信部を受講し、仕事が休みのときには単発であちこちに習いに行きました。

講師資格をとるために、3種類の同じパンを何日も焼き続けたこと(丸めや成形は死ぬほどやった(^-^;)、製菓学校で勉強したこと(作ることだけじゃなく、食中毒や材料の勉強など座学が本当にためになった!)や製菓衛生師の試験勉強は、今の私の大きな財産になっています。

 

そのうち私の頭の中で妄想がふくらみ、本気で教室運営をやってみたくなったのです。

我が子の学費支払いもそろそろ終わる頃なので、事務仕事を辞めて、週3程度のパートをしながら、自宅マンションで月3~4回くらいのペースでやっていくうちに、自宅外の場所に教室を移したくなってきたのです。

そんなときに、これまた偶然に出会ったのです。

宝塚市男女協同参画センターで開催された『初めての起業レッスン』と、そのとき一緒に受講した仲間たちとの出会いです。

 

『パンとの出会いから今にいたるまで』その③につづきます。

 

こちらのボタンからラインに友だち追加してくださいね~(^^♪

1対1のメッセージのやりとりができます。

他の方にはメッセージの内容は見えません。安心してメッセージ送ってくださいね。

 

また、講座案内や先行募集、販売やイベントなどの情報をいち早くお届けします(^^)
友だち追加