シュトレンはパン?お菓子?

2020年12月17日

こんにちは!
兵庫県宝塚市でパンと発酵保存食の教室〔こ・むぎ〕を主宰している
発酵プロフェッショナルのこうざきりえです。

 

シュトレンレッスンが始まりました。

販売したときに食べて美味しかったから♥と、きな粉味を作られる方が多いです。
今年もきな粉と抹茶が人気ですが、今年新たに珈琲味を追加しました。

 

dav

試食で珈琲味を食べたら、皆さん珈琲大絶賛!

sdr

珈琲のビターな味が大人味で、あんなにバターや砂糖を使うのに、全然しつこくなくて後味さっぱり。

でもね、きな粉や抹茶と同様、バターも砂糖もたっぷり入ってるから、食べ過ぎ注意ですよ。

 

ところで、「シュトレンってパン?お菓子?どっちだろう?」って思いませんか?

 

以前に比べてシュトレンはかなりメジャーになっていて、この時期になるとパン屋さんに必ず置いてますよね。でも私が初めて習ったとき(はるか20年くらい前(^-^;;;;)

「シュトーレン?何それ?」でした。

見たことも聞いたこともなかったです。

 

第一印象は「固いパン、不味いなぁ。。。」でした(^-^;;;;;;

好きな人は好きなんだろうけど、私はあのスパイシーな味とドライフルーツが苦手でした。

 

『シュトレン』はドイツ生まれの『発酵菓子』です。

でもその呼び名は方言みたいに地域によって様々だそうで「シュトレン」は標準語みたいなもの?

 

そしてドイツでは食品にガイドラインを設けているそうですが、

その中で「シュトレン」は、

「『シュトレン』とは、粉100キロに対して、バター30キロ、ドライフルーツ60キロを材料に使用しなければならない」となっているそうです。

ガイドラインに示された以上の量が入っていれば、シュトレンと表記していいってことですね。

 

 

【結論】だから、私が作る「シュトレン」は、「ジャパニーズ・シュトレン」です(^^♪

 

こちらのボタンからラインに友だち追加してください(^^♪

1対1のメッセージのやりとりができます。

 

お申込み、お問い合わせも直接受付け出来ます。

(他の方にはメッセージの内容は見えません。安心してメッセージ送ってくださいね)

 

講座案内や先行募集などの情報をどこよりも先にお届けします(^^)