ヨーグルトメーカーで簡単白味噌

2020年4月16日

冬の味噌作りで使った無農薬大豆「とよまさり」は

ただ茹でただけでも本当に甘くておいしいので、

よく茹でてサラダにしたりワンコのごはんに混ぜたり(贅沢!!!)しています。

 

その「とよまさり」まだ少し手元にあるので、

ヨーグルトメーカーを使って簡単白味噌を作りました。

 

作り方は途中まで普通の味噌の作り方と同じ。

①大豆水漬(1晩)
②大豆をゆがく
③塩切麹を作る
④大豆をつぶす
⑤塩切麹と大豆を混ぜ合わせる
⑥ヨーグルトメーカー容器に詰める
⑦60度の設定で8時間

 

では、普通の味噌と白味噌とでは何が違うのか。。。

正式な?作り方は、

水漬けした大豆の薄皮を剥く→今回は皮ごと使いました。
あらかじめ麹を細かく粉砕→今回は忘れてそのまま使いました(^-^;
そして、今回は煮汁を使ったため、あまり白くない(汗)

 

 

そして大きな違いは、

大豆に対しての麹割合が多いことと、塩の量が少ないこと。
麹は煮大豆に対して1.5倍くらい使います(メーカーによって違うかも)。
塩分濃度が5~8%くらい。

この違いで、白味噌は甘く、熟成期間が米味噌より短く、そして保存も効かないため賞味期限が短いということ。

 

今回の配合、おしえます!
煮大豆…200g(※乾燥大豆約90g)
生米麹…300g
塩…35g
煮汁(またはお湯)…45g(より白く仕上げたい場合はお湯で)

 

今回のブログタイトルに「簡単白味噌」って書いたのは、
60度8時間の設定で、麹の糖化を進めて
あっという間に作っちゃうという技です(^^♪

 

つまり、甘酒(甘麹)に近いわけです。

甘ーいお味噌が好きな方は、是非トライしてみてください(^^♪

ただし、保存期間に熟成が進むので、色は段々茶色に変化します。
(でも味は甘いです)
また、保存期間が通常の味噌より短いので、少量作って早く使い切るか、冷凍保存してくださいねー

 

 

おまけの話。。。
お店で売ってる白味噌、値段も安いものから高いものまで幅広いですよね。
上にも書いたけど、自家製だと色も変わるし塩も少ないので賞味期限も短い。
じゃあ、なんでお店のはいつまでも変わらないの?
一説には(味噌メーカーの人からの話ですが…)大豆を漂白していたり、
値段を下げるために水あめや砂糖を添加していたり(つまり麹割合を少なくして甘さを出す)しているものもあるそうです。

教室でもよく話をしますが、原材料表示は必ず見て買うようにしてくださいねー!

 

 

こちらのボタンからラインに友だち追加してくださいね~(^^♪

1対1のメッセージのやりとりができます。

他の方にはメッセージの内容は見えません。安心してメッセージ送ってくださいね。

 

また、講座案内や先行募集、販売やイベントなどの情報をいち早くお届けします(^^)