1.17に思う

今年も1月17日が巡ってきました。

阪神淡路大震災から24年。

今でもあの日のことは鮮明に憶えているし、この震災関係の記事を読むと今でも胸が締め付けられる思いです。

 

24年経っても、追悼で涙を流す遺族の映像をTVで見ると、

若いころの自分だったら「もう20年以上も前なのにまだ悲しのかな…」なんて無神経なこと考えていたけど、残された人にとっては月日の流れなんて関係ないし、悲しいだけじゃなくいろんな思いが涙となるんだなとわかるのです。

 

24年前、宝塚に引っ越して1年もたたない時に震災にあいました。

まだあまり知り合いもなく、頼れる人もいなくて、子どもは5歳と3歳。

インターネットや携帯電話なんてまだ全然普及してなかった頃で、情報も無く途方にくれてました。電気や水はすぐ復旧したけど、ガスがしばらく止まっていたからお風呂が使えない。

 

電話がつながるようになったら、関東に住む友人たちが次々連絡をくれたり物資を送ってくれたりしてもらったのがありがたかったです。

 

そして、震災から数日後なんだか聞いたことのあるメロディが聞こえる。。。

収集されなかったゴミを収集している車のメロディが、聞き馴染んだ横浜市のごみ収集車のメロディだったのです!

今は変わってるかもしれないけど、当時は「♪だいすきな、だいすきな、横浜オハヨー♪」ってメロディ(^^;)(これ知ってる人いたらメッセージください)

それを聞いたとき、涙が止まらなかったなぁ。張りつめていた気持ちがはじけた…というか。

こんな遠くまで故郷横浜から助けに来てくれたような気持ちだったんですよね。

 

 

幸いにして自分や自分の周りには、怪我をしたり無くなったりした方はいなかったし、住んでるマンションも一部損壊程度で大きな被害は無かったけど、息子の幼稚園の方の中には大変な被害を受けたり、同じ宝塚市内でも無くなった方も大勢いて、本当に家族みな無事で過ごせていることが奇跡なんだなぁとあらためて思いました。

 

災害大国日本で、明日も今日と同じ日常が過ごせるとは限らない。

こうして何事もなく過ごせる日々に感謝するとこを思い起こさせてくれる1月17日です。

 

ラインの友だち追加はこちらから↓

レッスンや販売、イベントなどの最新情報をいち早くお届けします(^^)
友だち追加