第4回エルジェンヌ・フェスタ終了しました

2018年12月1日

久々のブログです。

11/29(木)に第4回目となる「エルジェンヌ・フェスタ」が終了しました。

今年も1週間以上前から、焼き菓子やシュトーレンなどの製作作業にあけくれ、開催日直前にはパンの仕込みで、毎年のことだけど本当にこの1週間は働きづめの日々でした。

さすがに4回目ともなると、段取りなどもわかってきてるので、少しは要領もよくなってはきてるけど、やっぱり心身ともにすり減るのは毎年のことで。。。あいかわらず夜は眠れなくなるし、おまけに今年は風邪ひいて声がでなくなるし…(^_^;)

 

でも今年は生徒さんの一人が、ラッピング作業や当日の搬入や店番などを手伝ってくれて、しかも今年は販売スタートが11:30というなんともゆるーい設定だったので、今までよりはずいぶん楽になりました!

実は販売だけを考えると、10:00スタートのほうが断然売れるんだよね。

実際今年はパンは全部売り切れたけど、焼き菓子は結構残りました(;O;)

 

でも、自分がしんどくならないってことを一番に考えてスタート時間を遅らせて、それで売れ行きが悪くなっても、自分はパン屋でもお菓子屋でもないんだから…と割り切れば、それはそれでいいのかなと。

 

もちろんお金をいただくからには、プロ意識をもっていい加減なものは作ってないけど、「売る」ことだけに力を入れすぎると、本当に精神的にしんどくなるから。

原材料費(仕入価格)が安く仕入られるわけでもないし(一般家庭と同じです)、買い出しや手間暇を考えると、実際のところ販売なんてやらないほうがいいんだよね(^^;)。

それを言っちゃおしまいだけど、例えば食パン1斤を1000円以上で売らないと、利益なんて出ない。これ現実です。

 

 

じゃあ何のために販売するのって話だよね。

私は自分が「良い」って思うものを、人に教えたくなる(伝えたい)タイプ。
何様やねんって感じだけど、美味しいと言われてる有名店のパンより、自分で作ったパンが一番美味しいと実は密かに思ってます(^_^;)。美味しい…というか口に合うってことなんだけど。
自分で作ったパンは、自分が一番のファンだと思ってる。

こんなに美味しいんだよーって人に伝えて共感して喜んでほしいから…というのが一番の理由かなぁ。

 

じゃぁ販売じゃなく、単に作ってプレゼントすれば…って話だけど、
お金をいただいて食べて頂くということは、かなりシビアなプロ意識が芽生えます。安定したブレないものを作れるようになるわけで。だから自信をもって食べていただける。お客様のためでもあり、自分のためでもある。

 

そんなわけで、今年も頑張っちゃいました(^^)

 

フェスタでは、自分自身も結構楽しんで、「タロット占い」や「ライフプラン診断」を体験してきました(^^)。実はこれ一番楽しみにしてたんだー!

 

そして、たくさんの方との出会いやご縁をいただき、またたくさんの方に助けていただき、今年も無事終了しました。本当にありがとうございました!

来年は…どうしようかな(^^;)。

とりあえず、またレッスンがスタートします!

12月のレッスン、まだ空席ありますので是非お越しくださいね~(*^_^*)

お問い合わせ、お申込みはこちらから↓

お問い合わせ

 

ラインの友だち追加はこちらから↓

レッスンや販売、イベントなどの最新情報をいち早くお届けします(^^)
友だち追加