工房移転計画 5

2016年7月29日

工房移転計画 その5

物件を決めたら、次は水回りの工事の打ち合わせと、契約書類をそろえる準備。

トイレ内に手洗いと、洗面台を移動してもらうのと、ガスオーブンを2台設置するためにガス栓をもう1つ付けてもらう工事で見積もりを依頼。

この物件のオーナーさんが、工務店さんなのでそこでお願いすることが条件で、相見積りはとれないけど、話は早い。

ところがガス屋さんが、「ガスオーブン2台を置くのは換気扇の下でないとダメと規則で決まっている」と言い出した。だから2台は置けなし、1台にしても換気扇の下つまりガスコンロを置く場所にしか置けないときた。ええっ~!そんな話聞いたことないよ~!

でもどうしてもできないというので、一旦「わかりました」と引き下がり、うちに帰ってから不動産屋さんに電話して、「そんな話は聞いたことないし、もしできないというのなら、別のガス会社に依頼する」と食い下がったら、不動産屋さんのほうで、リンナイと市の消防本部と、市の建築関係のほうに確認してみると言って動いてくれた。

結果的に換気に注意すればよいという話で一件落着。ホッ。

そして賃貸契約。敷金なし、礼金約3.5カ月分。完全に予算から抜けてたけど、仲介手数料や保険も結構高いんだなー(>_<)保険は少額テナント保険。2年間で3万。

そしてでてきた工事の見積もり金額をみて、唸ってしまった・・・(~_~;)

予算より10万以上オーバー。やっぱり水回りは高くなるし、床もめくってクロス張り替えとかもあるからこんなもんなんだろうけど…。うーん。。。

不動産屋さんがホントにいい人で、それでも交渉してくれて、2万だけ下げてもらったから、もうこれ以上は無理言えないかなと思った。保証人(夫)も「こんなもんでしょー」と。

ほかの設備をどれだけ安くするかに全力を尽くすことにする。工事期間は約1週間。

なんかいよいよ現実味をおびてきて、浮足立ってる感じ。深呼吸して落ち着こう。

そしていよいよ鍵渡しの日…

工房移転計画6へつづく。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です