心配ごとはつきないけど~介護について考える~

2017年8月27日

宝塚のパンと発酵教室こ・むぎです。

立秋が過ぎてから、連日35度の猛暑は本当にからだにこたえます(><;)

さて、お盆を過ぎて、父が手術をするということで
2泊3日で実家横浜に帰省してきました。

 

ここ何年もの帰省は、親の介護関係で、観光したり遊びに行ったりってことは全くなく(^^;家、病院、デイサービスをぐるぐる。
今回も父の入院よりも母のことで帰ってきました。
母は認知症がすすみ、今や要介護4をいただけるまでになりましたが、
父と妹(車で30分)がなんとか見ながらまだ在宅で過ごす母。
今回少しの時間、母と一緒に過ごし、まるで漫才のボケ役みたいなことを本人は真面目にやってるのが、切ないと同時になんだか本当におかしくて(^-^;

飾ってあるダルマ人形に「あなたはずいぶん太ってるのね」と話してたり、かかってきた電話は、どこで鳴ってるのかわからないから、セロテープの台に耳を近づけて「もしもーし!」って言ってるし、バナナを食べてたかと思ったら、皮まで食べてもぐもぐ…ま、歯は丈夫なんで、よく噛んでるんならいいけどね(^^;

 

認知症の世界って、いったいどんななんだろう???

以前介護関係の事務職をしていたので、知識としては理解しているけど、認知症の人が本当に居る世界は、自分にはとうていわからない。

今や娘のことも、時々デイの職員さんになったり、姉妹になったり、すでに亡くなっている祖母がいたり、まったくトンチンカンなんだけど、「楽しい」「嬉しい」気持ちで日々過ごしてほしいと思うのです。

 

ライン@「友だち登録」してくださいねー(^^)
レッスン情報や販売の情報など、いち早くおとどけします!
友だち追加

QRコードはこちらから!

〇シアワセをこむぎから。。。〇
こころとカラダガ元気になれる
パンと発酵教室 こ・むぎ