私の想い、私のこと

パンとの出会いから今にいたるまで②

2019年6月19日

その①で、約20年前にパン作りに出会って、

講師資格を取得し、教師資格取得前にパンスクールを辞めたところまで書きました。

 

パンは作れば作るほど、たくさんの疑問が出てくるのです。

今ほどインターネットで情報発信なんてあまり無い時代で、

手軽に調べるツールが無い。せいぜい本を読みあさるくらいで。

 

とにかくアンテナはって、パン屋でやってる教室とか、本に載ってる教室とか、地域情報誌やチラシなんかでいろんなところを探して、本当にいろんなところに行ってみたなぁ。

そこでわかったこと。

それは、パン作りって「正解」がないんだなーということ。

 

言ってること、やってること、先生によってみんな違うんだもん(^-^;

「正解」はないけど、例えば塩の役割とか、砂糖を入れすぎると発酵が阻害されることとか一応セオリーはある。

 

「なんで?」「どうして?」の疑問がますます膨らみ、

そしてわかった。

 

私は「こうだから、こうなる」という理屈がわかって、納得して次に進みたいタイプなんだということ。

 

話が戻りますが、今の場所で教室をやる前は、

フルタイムの仕事をしながら、自宅で月1~2回、有給休暇をとってパンを教えたり、土日に子どもお菓子教室をやっていました。

人に教えるということは、適当なことを教えるわけにはいかないし、自分ももっと勉強したくなるわけで、仕事しながら製菓学校の通信部を受講し、仕事が休みのときには単発であちこちに習いに行きました。

講師資格をとるために、3種類の同じパンを何日も焼き続けたこと(丸めや成形は死ぬほどやった(^-^;)、製菓学校で勉強したこと(作ることだけじゃなく、食中毒や材料の勉強など座学が本当にためになった!)や製菓衛生師の試験勉強は、今の私の大きな財産になっています。

 

そのうち私の頭の中で妄想がふくらみ、本気で教室運営をやってみたくなったのです。

我が子の学費支払いもそろそろ終わる頃なので、事務仕事を辞めて、週3程度のパートをしながら、自宅マンションで月3~4回くらいのペースでやっていくうちに、自宅外の場所に教室を移したくなってきたのです。

そんなときに、これまた偶然に出会ったのです。

宝塚市男女協同参画センターで開催された『初めての起業レッスン』と、そのとき一緒に受講した仲間たちとの出会いです。

 

『パンとの出会いから今にいたるまで』その③につづきます。

 

こちらのボタンからラインに友だち追加してくださいね~(^^♪

1対1のメッセージのやりとりができます。

他の方にはメッセージの内容は見えません。安心してメッセージ送ってくださいね。

 

また、講座案内や先行募集、販売やイベントなどの情報をいち早くお届けします(^^)
友だち追加

 


パンとの出会いから今にいたるまで①

2019年6月6日

自宅教室から、今の場所に教室を移してもうすぐ丸3年になります。

 

私がパン作りをするようになったきっかけをよく聞かれるのですが、

それはかれこれ20年ほど前のことで、

ポストにパン教室のチラシが入っていて、たまたま同じマンションの自宅教室だったのです。

子どもが幼稚園に上がって、昼間に少し時間ができて、幼稚園から帰ってきたときに子どもたちに焼き立てのパンを食べさせてあげたいなーと思ったことがスタートでした。

 

初めて習って作ったパンが、それはもう感動するくらい美味しくて、すっかりパン作りの虜になりました(^^♪

それは、今でもよく覚えているし、今教室に来ている生徒さんが「おいし~♡」と言ってくださる気持ちは、たぶん20年前の私と同じだろうなぁとうれしくなるのです。

 

最初は家族や友人に食べてもらうためだけに作っていました。

ただ、私が習っていたのが、大手パンスクールの自宅教室だったので、
初級~上級とコースになっていて、上級を終了したら講師の試験という流れになっていたので、
せっかくだから講師資格をとって教えるのもいいなぁ…程度の気持ちでした。

 

ところが、講師資格をとって、講師コースを受講して、次は教師資格…という頃に

私の中でムクムクと疑問が…

 

「この内容(レシピ)通りに教えなきゃいけないの?」

「自分が美味しいと思えないパンも、このカリキュラムに沿って教えなきゃいけないの?」

「必ずこの型、この粉を生徒さんに勧めなきゃいけないの?」

 

そして、大手スクールにありがちなのだろうけど、スクールの看板をしょって教えるなら、

年会費(ロイヤリティ)を支払い続けないといけないということ。

なぜこの配合なのか、なぜこの温度なのか、なぜ失敗したのか…

そういった疑問が解決されないまま、このまま進んでいいんだろうか…

 

いや、そこまでかっこいいこと考えてたわけではないけど、

なんとなくモヤモヤしたものが生まれてきて。

 

夫の転勤を機に、大手スクールの所属を辞めたわけです。

 

『パンとの出会いから今にいたるまで』その②に続きます。

 

 

こちらのボタンからラインに友だち追加してくださいね~(^^♪

1対1のメッセージのやりとりができます。

他の方にはメッセージの内容は見えません。安心してメッセージ送ってくださいね。

 

また、講座案内や先行募集、販売やイベントなどの情報をいち早くお届けします(^^)
友だち追加

 


「終活」について考える

2019年5月15日

先日ラインでTupperwareの保存容器大放出(!?)を

お知らせし、その日のうちにほとんどはけてしまいましたが、

まだわずかですが残っています(^^)

レッスンでお越しの際に、よかったらもって行ってくださいねー!

 

ということで、今日のテーマは『終活を考える』です。

 

大放出したTupperwareは、義母の家に大量にあったものです。

45リットルのビニール袋に3袋ほどになり、新品のものやほとんど使っていないものを

チョイスして持って帰ってきたわけだけど、実はTupperware以外にも、頂き物のタオル類、布巾類、食器類、お酒類etc

120平米のマンションの部屋のほぼ3/4をしめるモノモノモノ…

 

義母に聞いても「もうなにも要らない」というばかりで、ということは、

処分するのは我々子世代なわけで…(-.-)

 

もうため息しか出ない。。。。

 

最終的には業者に頼んでやってもらうしかないと思うけど。

 

私はどちらかというと、モノをもちたくないタイプで「買い置き」をしない人。

服や靴も、新しいものを買ったらひとつ処分して、数を増やさない。

あまりモノに執着しないほうだと思う。

「おまけ」は、ほぼもらわない。

「2つ買えば2つ目は半額」でも必要なければ買わない。

結構徹底しています(^_^;)

 

こんなにモノがあっても、ほとんど要らないものばかりなわけで、

その処分を子世代に負担かけたくないなぁと、今回のことがあってつくづく思うのです。

 

自分もいまのうちからできるだけ処分していこう!

そう、強く決意しました!

 

本当に必要なものはそれほど無いんだよね。

自分には大切なものでも、家族や他人にはゴミ(^_^;)

 

ただ…

自分のものはガンガン処分できるけど、問題は夫のモノ。。。”(-“”-)”

「お義母さんのことでわかると思うけど、残されたら本当に大変だから、断捨離してね」と常々言ってるけど、海外赴任が終わってからじゃないと無理だろうなー。。。

 

ラインの友だち追加はこちらから↓

レッスンや販売、イベントなどの最新情報をいち早くお届けします(^^)
友だち追加

 


今年も薬回避できそうです(^^)

2019年3月15日

杉花粉がピークの時期ですね。

今年は去年よりも飛散量が多いのかな?

私は今年も鼻炎の薬を服用せずに乗り越えられそうです(^^)/

 

去年も同じ話を書いた気がするけど、私は20代初めから重症の花粉症で、

毎年2月~4月末までかれこれ30年、耳鼻科通いと鼻炎の薬を飲み続けてきました。

それが、3年ほど前から飲まずに過ごせるようになってます!

もちろん、ピークの時期は鼻はずるずるするし、マスクと目薬は必須ではあるけど、

鼻が詰まって夜寝れない…ということはなくなったんです。

 

生活の何が変わったのか…

自家製の麹甘酒を毎朝飲むこと、これかなーと。

味噌は10年くらい手作りしてるので、味噌&麹甘酒のダブル効果ではないかと自分では思ってます。

他にも麹から起こす自家製酵母(酒種)や、塩麹は私の生活にすっかり定着しているし、麹を食生活に取り入れることで、花粉症だけじゃなく、胃腸の調子も格段によくなりました。

もともと、私は胃腸が弱くて、便秘症はしないけどよく下痢をしたり、胃痛を起こしたり。
それが格段に改善されました。
(牛乳や生クリームは相変わらずダメですが…(^-^;)

 

3年前といえば、東京に拠点をおく「日本発酵文化協会」で発酵の勉強をして、

「発酵マイスター」そして酵プロフェッショナル」の資格をとり、生活の中に発酵食品を意識して取り入れるようになった頃。

 

日本の発酵食文化を知れば知るほど、昔の人はスゴいなぁと思います。

今のように科学的知識や根拠がなくても、ちゃんとそれを活用して暮らしてきたわけだから。

 

自分が花粉症に抵抗できるからだになったというのもあるけど、

日本の発酵文化をもっと多くの人に知ってもらい、生活に取り入れていってもらいたいなぁと思うのです。

 

 

宝塚こ・むぎのレッスンでは、パンレッスンでもその他の講座(味噌や保存食などの講座)の中でも、ちょくちょく発酵の話を取り入れてゆきます。

特に、自家製酵母パンレッスンでは、麹を使った自家製パン酵母(酒種)を使うので、発酵に興味のある方にはなかなか面白い内容になっていると思います。

興味がある方は、是非ご連絡くださいねー(^^)

【初めての自家製酵母パン~酵母起こしレッスン】
米麹由来の自家製酵母の起こし方、管理の仕方と基本のパン作り。

3月25日(月)
4月4日(木)

時間:10:00~14:00頃(試食時間含む)

受講料:5000円(税込)

 

 

お問い合わせ、お申込みはこちらから↓

お問い合わせ

 


中味の濃~いパン講習

2019年2月13日

先日参加した『粉やの息子』製パン勉強会のお話です。

ものすごく中味の濃いマニアックな勉強会で、オタクな私はメチャメチャ楽しかった~!

 

私が普段粉を仕入れてるサイト「粉やの息子」の大阪食糧卸株式会社主催で、

大阪の泉佐野市の鳥越製粉の協力のもと、9:30~17:00までビッシリの勉強会でした。

 

実はこの日、夫の旧正月休暇に合わせて北海道から息子が帰省する日だったんです。

でも3ヵ月も前に抽選で当たったこの講習会、どうしても参加したくて、でも1年に1回の家族が揃う日だから、できるだけ早く帰りたくて、もし内容がしょうもなかったら途中退席しようと思って参加した講習会でした(^^;;;;)

 

ところが!
内容がめっちゃ濃かったんですよ~

5種類の生地で11種類のパンを作るもので、その生地も「ポーリッシュ法」「冷蔵法」「湯種法」「オートリーズ」などなど、粉もいろんな粉を使い、もちろん座学だけでなく実技で実際生地に触って作業。

 

講師(神戸マイスター 山西先生)や、その他のスタッフの皆様が本当にパン作りに精通している方ばかりで、質問もしやすく、難しい内容をとてもわかりやすく教えてくださり、今の私にとても合ったレベルの内容だったと思います。

「温度、時間、湿度、その他いろいろなことを、とにかく記録すること」

「何度も作ってその中で一番うまくできたものが、自分のレシピになる」など、技術的な話だけでなく、日頃パン作りをする中で私が思っていることあらためて再確認できる話や、

粉屋さんだけあって、粉についてのこまかいお話や

湯種をつくるときの温度がなぜ60度がよいのか、その温度にもっていくための粉と熱湯の比率などなど、オタクな私には面白くてためになるお話が盛りだくさんでした!

途中退席なんてとんでもなく、むしろ時間がゆるせば残って色々お話したかったほど~!!!

 

習ったレシピは是非復習して、自分のレッスンで再現したいと思います。

濃いお話を聞きたい方、是非レッスンにお越し下さい\(^o^)/

3月のレッスン予定はこちらから↓

2019年3月のレッスン日程

 

ラインの友だち追加はこちらから↓

レッスンや販売、イベントなどの最新情報をいち早くお届けします(^^)
友だち追加

 

 


1.17に思う

2019年1月18日

今年も1月17日が巡ってきました。

阪神淡路大震災から24年。

今でもあの日のことは鮮明に憶えているし、この震災関係の記事を読むと今でも胸が締め付けられる思いです。

 

24年経っても、追悼で涙を流す遺族の映像をTVで見ると、

若いころの自分だったら「もう20年以上も前なのにまだ悲しのかな…」なんて無神経なこと考えていたけど、残された人にとっては月日の流れなんて関係ないし、悲しいだけじゃなくいろんな思いが涙となるんだなとわかるのです。

 

24年前、宝塚に引っ越して1年もたたない時に震災にあいました。

まだあまり知り合いもなく、頼れる人もいなくて、子どもは5歳と3歳。

インターネットや携帯電話なんてまだ全然普及してなかった頃で、情報も無く途方にくれてました。電気や水はすぐ復旧したけど、ガスがしばらく止まっていたからお風呂が使えない。

 

電話がつながるようになったら、関東に住む友人たちが次々連絡をくれたり物資を送ってくれたりしてもらったのがありがたかったです。

 

そして、震災から数日後なんだか聞いたことのあるメロディが聞こえる。。。

収集されなかったゴミを収集している車のメロディが、聞き馴染んだ横浜市のごみ収集車のメロディだったのです!

今は変わってるかもしれないけど、当時は「♪だいすきな、だいすきな、横浜オハヨー♪」ってメロディ(^^;)(これ知ってる人いたらメッセージください)

それを聞いたとき、涙が止まらなかったなぁ。張りつめていた気持ちがはじけた…というか。

こんな遠くまで故郷横浜から助けに来てくれたような気持ちだったんですよね。

 

 

幸いにして自分や自分の周りには、怪我をしたり無くなったりした方はいなかったし、住んでるマンションも一部損壊程度で大きな被害は無かったけど、息子の幼稚園の方の中には大変な被害を受けたり、同じ宝塚市内でも無くなった方も大勢いて、本当に家族みな無事で過ごせていることが奇跡なんだなぁとあらためて思いました。

 

災害大国日本で、明日も今日と同じ日常が過ごせるとは限らない。

こうして何事もなく過ごせる日々に感謝するとこを思い起こさせてくれる1月17日です。

 

ラインの友だち追加はこちらから↓

レッスンや販売、イベントなどの最新情報をいち早くお届けします(^^)
友だち追加

 

 

 

 


2019年の野望

2019年1月3日

「平成最後の…」って言葉を最近よく耳にするなぁと思いながら便乗するわたし(^_^;)

平成最後のお正月、皆様いかがお過ごしですか?

 

2018年は家族の結婚や介護など、プライベートでも色々と忙しい1年でしたが、充実した楽しい1年でした。
多くの方との出会いや、レッスンに来ていただいた方、こ・むぎのパンやお菓子を食べて「美味しい」と言ってくださった方、いろんな場面で手を差し伸べてくださった皆様のおかげです。
感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました。

12月最後のレッスンを26日に終え、28日からは古巣(和菓子屋)のヘルプで31日までお仕事してきました。1年で最も忙しいのが大晦日なんです。

辞めて1年以上になるんだけど、私にとってはとても居心地のよい職場で、もちろん人が足りないから声かけていただけるんだけど、とてもありがたいなぁと思っています。

 

この年末年始は、離れて暮らす息子も夫の旧正月休暇(2月)に帰国するのに合わせて帰省するということで、年末年始は帰省せず、結婚した娘も年始にしか来ないので、犬と二人でいつもの日常生活。

考えてみれば、年末年始を全く一人で過ごす(犬がいるけど…)のは初めてのことで、これはこれで気楽だけどやっぱりさびしい。。。

 

でも、これからますます高齢化で、独居の人が増えていくわけだから、そんな人も増えていくよね、と考えたら、以前から思っていたことがムクムク沸き上がりました!

 

ここ何年かずっと考えていた「共食」。

(最近では「キッチハイク」って言葉もあるらしい)

ご飯を誰かと一緒に食べること。

そんなスペースが作れたらいいなぁって。。。

 

おうちでご飯を食べるように、フラッときて食べれるところ。

もちろんタダじゃないよ。月会費でもいいし1回ごとでもいいけど、ちゃんとお金もらって。

レストランやカフェとは違う。

「おうちでご飯を食べるように」だから、メニューは日替わりのみ。

ただ、私アルコール飲めない人なので、アルコール欲しい人は自分で買ってきてもらう感じ(^^;)

 

ああ、そんな感じのこと、やりたいなぁ。

2019年の野望です(*^^*)

 

 

ラインの友だち追加はこちらから↓

レッスンや販売、イベントなどの最新情報をいち早くお届けします(^^)
友だち追加

 

 


シュトーレンのこと

2018年12月19日

今年の「シュトーレンレッスン」終了しました。

bty

今年はイベントでも人気だった、「抹茶」「きな粉」を希望する方が多かったです(*^^*)

フルーツも美味しいんだけどなー。

ラム酒漬けで大人味だからかな。

bty

 

 

「シュトーレン」(正式には『シュトレン』って言うんだって)は、ドイツ発祥の発酵菓子で、

地域によっても作り方など色々らしいです。

 

こ・むぎのシュトーレンは、「The Japanese Stollen」

そう、「和のシュトーレン」(^^)

だから本場のものから見たら、「なんちゃってシュトーレン」(^^;;;;)

はい、承知しています。

 

でもね、自分が「美味しい」と感じるものを伝えたいし、パンやお菓子は基本的に「自由」だと思うのです。伝統はもちろん大切だけど、そこから自由に発想して創造していくもの。

 

「求める人」がいて「美味しい」と言ってもらえるなら、それはそれでOKじゃないですか?

 

 

エルジェンヌ・フェスタで販売したシュトーレンを食べて、

「素朴で美味しかった」

「甘過ぎなくて、あっという間に食べちゃった」

「もう1本買えばよかった」

と嬉しい感想をたくさんいただきました。

 

実はこの「抹茶味」「きな粉味」は、クリスマスよりお正月向けかも…とあとから思いました。

黒豆と栗が入ってるしね。

 

クリスマスラッピングじゃなくて、お正月ラッピングにしたら、

お年賀のおもたせにいいかも。

 

来年はその線でいこうかな(先過ぎて鬼が笑う…(^_^;;;;;))

 

ラインの友だち追加はこちらから↓

レッスンや販売、イベントなどの最新情報をいち早くお届けします(^^)
友だち追加

 

 

 

 

 

 

 


第4回エルジェンヌ・フェスタ終了しました

2018年12月1日

久々のブログです。

11/29(木)に第4回目となる「エルジェンヌ・フェスタ」が終了しました。

今年も1週間以上前から、焼き菓子やシュトーレンなどの製作作業にあけくれ、開催日直前にはパンの仕込みで、毎年のことだけど本当にこの1週間は働きづめの日々でした。

さすがに4回目ともなると、段取りなどもわかってきてるので、少しは要領もよくなってはきてるけど、やっぱり心身ともにすり減るのは毎年のことで。。。あいかわらず夜は眠れなくなるし、おまけに今年は風邪ひいて声がでなくなるし…(^_^;)

 

でも今年は生徒さんの一人が、ラッピング作業や当日の搬入や店番などを手伝ってくれて、しかも今年は販売スタートが11:30というなんともゆるーい設定だったので、今までよりはずいぶん楽になりました!

実は販売だけを考えると、10:00スタートのほうが断然売れるんだよね。

実際今年はパンは全部売り切れたけど、焼き菓子は結構残りました(;O;)

 

でも、自分がしんどくならないってことを一番に考えてスタート時間を遅らせて、それで売れ行きが悪くなっても、自分はパン屋でもお菓子屋でもないんだから…と割り切れば、それはそれでいいのかなと。

 

もちろんお金をいただくからには、プロ意識をもっていい加減なものは作ってないけど、「売る」ことだけに力を入れすぎると、本当に精神的にしんどくなるから。

原材料費(仕入価格)が安く仕入られるわけでもないし(一般家庭と同じです)、買い出しや手間暇を考えると、実際のところ販売なんてやらないほうがいいんだよね(^^;)。

それを言っちゃおしまいだけど、例えば食パン1斤を1000円以上で売らないと、利益なんて出ない。これ現実です。

 

 

じゃあ何のために販売するのって話だよね。

私は自分が「良い」って思うものを、人に教えたくなる(伝えたい)タイプ。
何様やねんって感じだけど、美味しいと言われてる有名店のパンより、自分で作ったパンが一番美味しいと実は密かに思ってます(^_^;)。美味しい…というか口に合うってことなんだけど。
自分で作ったパンは、自分が一番のファンだと思ってる。

こんなに美味しいんだよーって人に伝えて共感して喜んでほしいから…というのが一番の理由かなぁ。

 

じゃぁ販売じゃなく、単に作ってプレゼントすれば…って話だけど、
お金をいただいて食べて頂くということは、かなりシビアなプロ意識が芽生えます。安定したブレないものを作れるようになるわけで。だから自信をもって食べていただける。お客様のためでもあり、自分のためでもある。

 

そんなわけで、今年も頑張っちゃいました(^^)

 

フェスタでは、自分自身も結構楽しんで、「タロット占い」や「ライフプラン診断」を体験してきました(^^)。実はこれ一番楽しみにしてたんだー!

 

そして、たくさんの方との出会いやご縁をいただき、またたくさんの方に助けていただき、今年も無事終了しました。本当にありがとうございました!

来年は…どうしようかな(^^;)。

とりあえず、またレッスンがスタートします!

12月のレッスン、まだ空席ありますので是非お越しくださいね~(*^_^*)

お問い合わせ、お申込みはこちらから↓

お問い合わせ

 

ラインの友だち追加はこちらから↓

レッスンや販売、イベントなどの最新情報をいち早くお届けします(^^)
友だち追加

 

 

 


レシピの時間や温度について

2018年11月7日

今日はちょっと真面目なお話です(^-^)

パンのレッスン中に生徒さんによく話すこと、それは
「レシピの時間や温度について」

 

本やネットに書かれているとおりに作ったのに、なんだか上手く出来ない、ホームベーカリーで作ると美味しくない…ということはありませんか?

または、大勢で習ってる教室で、皆と焼き上がりが違う、なんか自分のだけ発酵が遅い、または凄く膨らんでる…なんてことはないですか?

私も昔はよくありました(^-^)/

 

私はパン作りにおいてレシピに書いてある時間って、目安でしかないと考えています。

パンは発酵食品なので、その日の気温、湿度、手ごねか機械か、作る人の手の温度や作る環境、生地扱いが慣れているのか慣れていないのか…等々が影響します。

具体的に言うと、

レシピに「ぬるま湯」と書いてあるからと、真夏のパン作りにぬるま湯を使って機械で捏ねたら、あっという間に生地温度が30度を越えます。

例えばベーカーズ%で1.5%のイーストを使っていたら、レシピでは一次発酵が40分と書いてあっても、真夏は室温も高く、ましてや生地温度が高かったら、40分も置いたら発酵オーバーになってしまいます💦

 

例えば、真冬にレシピ通りの30度のぬるま湯で「手ごね」をしたら、生地温度が20度以下になることもあります。

それなのにレシピ通り40分で一次発酵終わらせたら、発酵完了していない硬い生地のまま分割することになりかねません。

 

例えば丸めや成形の作業を、強い人と弱い人が同時にしたら、生地の緩む時間も違ってきます。同じ時間ベンチタイムを置いたら、片方はまだ緩まず、片方は緩みすぎ…ということもおきます。

 

パンは発酵食品、「いきもの」です(^^)

家庭製パンは、おうちにある材料や道具を工夫して、自分時間に合わせながら作っていけるものです。

なのでレシピの時間はあくまでも目安で、その時々の状況に合わせて変えてゆけるものです。

 

そういったこともレッスンの中でこまかくお伝えしています。

是非1年を通してパン作りをしてほしいなぁと思います(^^)

 

イーストパン、自家製酵母パンのコースレッスンともども随時受講生募集中です。

お問い合わせ、お申込みはこちらから↓

お問い合わせ

 

ラインの友だち追加はこちらから↓

レッスンや販売、イベントなどの最新情報をいち早くお届けします(^^)
友だち追加