私の想い、私のこと

レシピの時間や温度について

2018年11月7日

今日はちょっと真面目なお話です(^-^)

パンのレッスン中に生徒さんによく話すこと、それは
「レシピの時間や温度について」

 

本やネットに書かれているとおりに作ったのに、なんだか上手く出来ない、ホームベーカリーで作ると美味しくない…ということはありませんか?

または、大勢で習ってる教室で、皆と焼き上がりが違う、なんか自分のだけ発酵が遅い、または凄く膨らんでる…なんてことはないですか?

私も昔はよくありました(^-^)/

 

私はパン作りにおいてレシピに書いてある時間って、目安でしかないと考えています。

パンは発酵食品なので、その日の気温、湿度、手ごねか機械か、作る人の手の温度や作る環境、生地扱いが慣れているのか慣れていないのか…等々が影響します。

具体的に言うと、

レシピに「ぬるま湯」と書いてあるからと、真夏のパン作りにぬるま湯を使って機械で捏ねたら、あっという間に生地温度が30度を越えます。

例えばベーカーズ%で1.5%のイーストを使っていたら、レシピでは一次発酵が40分と書いてあっても、真夏は室温も高く、ましてや生地温度が高かったら、40分も置いたら発酵オーバーになってしまいます💦

 

例えば、真冬にレシピ通りの30度のぬるま湯で「手ごね」をしたら、生地温度が20度以下になることもあります。

それなのにレシピ通り40分で一次発酵終わらせたら、発酵完了していない硬い生地のまま分割することになりかねません。

 

例えば丸めや成形の作業を、強い人と弱い人が同時にしたら、生地の緩む時間も違ってきます。同じ時間ベンチタイムを置いたら、片方はまだ緩まず、片方は緩みすぎ…ということもおきます。

 

パンは発酵食品、「いきもの」です(^^)

家庭製パンは、おうちにある材料や道具を工夫して、自分時間に合わせながら作っていけるものです。

なのでレシピの時間はあくまでも目安で、その時々の状況に合わせて変えてゆけるものです。

 

そういったこともレッスンの中でこまかくお伝えしています。

是非1年を通してパン作りをしてほしいなぁと思います(^^)

 

イーストパン、自家製酵母パンのコースレッスンともども随時受講生募集中です。

お問い合わせ、お申込みはこちらから↓

お問い合わせ

 

ラインの友だち追加はこちらから↓

レッスンや販売、イベントなどの最新情報をいち早くお届けします(^^)
友だち追加

 

 


3年目スタートで思うこと

2018年10月24日

2018年もあと2ヵ月ちょっととなり、

「平成最後の…」が最近の枕詞になってますよね~(^^;)

昭和はますます遠くになりにけり。。。

 

自宅から今の場所をかりて教室スタートさせて丸2年が過ぎ9月で3年目に突入ました。

それまでも自宅でパンレッスンはしていて、もちろんその時はいつも100%のモチベーションでやっていたけれど、やっぱり今とはすべてが全然違うものでした。

お金のことはザックリ計算だったし(^_^;)

頼まれて販売のようなこともしていたけど、今思えばやっぱり家庭の延長でした。

 

 

場所を借りてやる…というのは、自宅でやっていたときに比べて10倍も20倍も大変で、時間もお金ももちろんだけど、精神的にね、色んな意味でプレッシャーがズシッ!!!

 

 

最初の1年は無我夢中で、舞い上がって目の前のことをこなすのに精一杯だったのが、最近は(余裕は相変わらず無いけれど)少しだけ周りを見たり、先を見たりすることができるようになってきた気がする。

 

そして2年前と大きく違うのは、「個人事業主である」という自覚と自信。

 

 

私以上に上手にパンを作れる人はスゴクたくさんいるし、技術的にスゴイ人もたくさんいる。
私なんかが「教える」ことをしてお金をいただいていいんだろうか…と思うこともたくさんある。

でも、楽しむだけじゃなく「人に伝える」仕事としてすごく勉強しているし、教室運営をものすごく頑張ってるし、食べ物を販売するための心構えもある。

誰に何を言われても「わたしはワタシ」と「自分のやり方はこう!」と言えるようになった。

ずっと前向きなばかりじゃなかったし、悩みループにはまったり、落ち込むことも山ほどあったけど、その全てが今自分の糧になっている気がする。

 

相変わらず方向性に悩んでウロウロしてるし、これから弱音グダグダ言うこともたくさん出てくると思うけど、前に進んでる限りはずっとそれは続くよね。大丈夫!(⇐って最後のコレは自分に言ってる(^^;))

 

 

 

ラインの友だち追加はこちらから↓

レッスンや販売、イベントなどの最新情報をいち早くお届けします(^^)
友だち追加

 

 

 

 

 


パンの捏ね方について考えてみた

2018年10月15日

キンモクセイの香りがしなくなったと思ったら、急に涼しくなってきた今日この頃。

そろそろクリスマスのパンの試作も開始する時期になりました。11月末にはイベントも控えているし、12月末までの2か月半、一気に駆け抜けますよ~(≧▽≦)

 

今日はパンの「生地捏ね」についてちょっと考えたので綴ってみます。

こ・むぎのパンレッスンでは、イーストパンレッスンの体験と初級クラスは基本的に手ごねします。中級以降はメニューによっては手ごねもありますが、器械捏ねがメインとなります。

自家製酵母パンも、「初めての自家製酵母パン」のレッスンでは手ごねしますが、基礎クラス以降は受講生の方と相談しながら機械捏ねも行います。

 

パンを作るにあたっては、手ごねでも器械でもどちらでもいいと考えています。

最終目的は、「作りたいパン」になるための「作りたい生地」にできるかどうか…です。

 

 

捏ねについては、捏ね方も考え方も教室(教える側)によって違うので、全部が同じではないので、これから書くことはこ・むぎの教室での場合です

 

例えば食パンのように、型にいれて縦に釜伸びさせる生地は、しっかり捏ねてグルテンを作ってゆきます。水もたくさん入れます。そうなると手ごねでは難しくなります。

逆に、あえてフワフワにさせたくない生地や捏ねずに作っていく生地(一部の菓子パンやハードプレッツェル、バゲットなど)はそれほど捏ねません(全く捏ねないわけではない)

 

パンに合わせて捏ね方を変えてゆくのです。

 

だから「作りたい生地」さえできれば、手ごねでも器械でもどちらでもいいのです。

 

ただ、基本的にこ・むぎは「自分で作れるようになるため」のレッスンを行っているので、パン作りに慣れてない人には最初のうちは手ごねをしてもらいたいと考えています。

それは生地と対話するためです(^^)

 

季節によって、生地の状態は変わってきます。

夏は生地温度が上がりやすくダレやすくなるし、冬は寒くて生地は締まりがちになります。

そのためには季節ごとに水の温度も変えるし、捏ねながら生地の状態を確認してゆきます。

 

器械でしか捏ねたことがなくて、1次発酵まで機械まかせで生地にさわらないと、1次終了したときに「あれ?なんかいつもと違う」ということが起きてくるのです。

 

特に器械はモーターで動かすので、生地温度が上がりやすくなります。それを知らずに一年中同じ水の温度で同じ捏ねをしてしまうと、季節でパンの出来あがりが変わってきます。

 

とは言っても、パン作りに慣れてくれば(生地と対話できるようになれば)器械でももちろんOK!

捏ねて手がベタベタになる時間を、他のことに使えばいいのです。

効率よく、美味しいパンを作るためには、ホームベーカリーやニーダーを是非活用してください(^^)

 

ラインの友だち追加はこちらから↓

レッスンや販売、イベントなどの最新情報をいち早くお届けします(^^)
友だち追加

 

 

 

 


神前

2018年10月1日

少し空きましたが、どうにか「サ高住(サービス付き高齢者住宅)」に転居し、なんとか8/25の結婚式を迎えるにいたった経緯を書きました。

※参考介護のこと①」「介護のこと②

 

8/25の結婚式は午後からだったので、私は着付けなどあるので先に電車で向かい、

夫と息子が義母を迎えにいって車で式場まで行く…という段取りですすめました。

 

ただ、式場まで車だと1時間以上かかるのと、式から披露宴終了まで約5時間ほどあるので

ずっと座りっぱなしで大丈夫かなぁというのが一番の懸念事項でした。

 

結果的には全く問題なく、しゃんとして最後までとどこおりなく進行しました。

だた、施設にもどったのが夜10時くらいで、本当に疲れたと思います。

 

その後。。。

不安は的中し、ほぼベッドで寝たり起きたりの生活に逆戻り。

長時間の移動や座位がきつかったと思います。

張りつめていた気持ちが切れたのかもしれません。無気力でご飯もすすまず、背中や足腰の痛みを訴え、何もする気が起きないような状態。

 

 

そして今・・・

無気力な状態はかわらず、ご飯もすすまず。
同じ施設内でやってるデイサービスにはなんとか行ってくれてるけど、途中で部屋に帰ってきてしまうこともある。
毎日測っていた血圧も測らなくなり、自分から動くことはなく一日テレビとお友達。

誰かが来た時に「あれとって」「これやって」とお願いする状態。

 

私も週3~4回訪問しているけど、ますます無気力になっているのがわかる。

 

やっぱり環境が変わったのがよくないのか、この施設が合わないのか、でももう行くところないから…とあきらめて我慢してるのか。

やっと1ヶ月。もう少し様子をみる必要があるし、結論だすのは早いけど、こんな状態ならサ高住じゃなく、介護付き有料老人ホームのほうがよかったのかも…と悩む日々です(;O;)

 

ケアマネさんにも相談して今後のことを考えていこうと思いますが…

義母にとって、最期に「ここにきてよかった」と思えるような生活を送ってもらえたらなぁと思うのです。そのためには私に何ができるのか…悩む日々です。

 

ラインの友だち追加はこちらから↓

レッスンや販売、イベントなどの最新情報をいち早くお届けします(^^)
友だち追加

 


ベーコン講座とパン教室の関係は…

2018年9月30日

久しぶりのベーコン講座を開催しました。

写真が少なく、完成したベーコンの写真撮るのをすっかり忘れてた~!(;O;)!

未就園児のチビッ子も一緒に、ベーコンたっぷりのピザを作ってくれました(^^)

 

 

宝塚こ・むぎは「パン教室」がメインの教室で、それは私の一番得意なことが「パン」だから。

でも食全般のこと、特に発酵食や保存食についても自分が「これは市販のものより絶対美味しい!」「こんなに簡単なのに栄養価も高くて安心で美味しい!」と思うものを多くの人に伝えたいと思っているので、そんな中での「手作りベーコン」「手前味噌」「干さない梅干し」の講座なのです(^^)

だから「味噌教室もやってるの?」「こ・むぎさんっていろんなことやってるね」と言われると、ひとつに絞って特化させたほうがいいかなぁ…と自分でも悩むところであります。

 

安心安全で美味しくて、作る人も食べる人もみんながシアワセな気持ちになれるものを、多くの人に伝えたい…というのは全てに共通してるんです。

 

それと「こんなに美味しいんだよ!食べて~(^^)!」っていうのがすごくあって。

 

私は作るのが好きで、それ以上に作ったものを人に食べてもらうのが好きなんです。

 

 

いつの日か、それを形にできるといいなぁと密かに目論んでいます^m^

 

ラインの友だち追加はこちらから↓

レッスンや販売、イベントなどの最新情報をいち早くお届けします(^^)
友だち追加

 

 

 

 


介護のこと②

2018年9月4日

「介護のこと①」で、特養ショートを退所後入れるところを探してることをいろいろ書きましたが、介護についてちょっと詳しい方は「あれ?ケアマネは何してんの?」って思った方もいますよね(^^;)

私もこんな遠方でひとりで走り回ってるのに、もう少しケアマネが動いてくれないかなぁと正直なところ思いました。

要支援のときについてたケアマネさんはつきあいも長く、本当にいろいろ動いてくれてアドバイスもらったり、まめに電話もくれてとても助かっていたのだけど、今回の入院で区分変更をかけて要介護2がついたので、ケアマネが変わりました。

特養にいられるのは8/24までだからと、必死で探しているのに、施設の情報をくれるわけでもなく、ただケアプランをもってきて「印鑑ください」。

私が特養に行くときに合わせてただ面会にくるだけ。
宝塚に呼び寄せたい意志を伝えていたけど、県がまたがるとこんなもんなのかなぁ。

悪い人ではないけど、ケアマネの仕事してないよね…と時間がたつほどにそういう思いが強くなり、もう私が動くしかないと。
あとから思えば、私ももっと要望すればよかったのだけど。

 

話がずれたけど、有料老人ホームだけでなく、サービス付き高齢者住宅(以下「サ高住」)も探し始めました。

で、何か所か見学に行き、実際住むのは義母なのでここは無理してでも実際見てもらうほうがいいと、お盆の頃無理矢理夫に帰ってきてもらい2か所見学に連れて行ってもらいました(私は仕事でした(^^;))

それにしても「サ高住」も施設によって色々で、介護付き有料老人ホームに近いようなところから、24時間の見守りはあるけど基本的には自分でできる範囲はする…というところも。

 

今回入ったところは後者のほうで、少人数(16部屋)のアットホームな施設です。

特養を退所前には、随分動けるように回復していたし、ホテルや病院みたいに何もかもしてもらうよりは、ミニキッチンもあり、洗濯機や冷蔵庫を置くところもあって、ワンルームマンションみたいな感じで、出入りも自由。部屋に鍵もついてるし、病院みたいに夜中に3回も部屋をのぞきにくることもないのがいいなと。

同じ市内ではないけど車で15分ほどの隣市なので、すぐ行けるのがホントにありがたい!

 

決めたのが特養退所の1週間前で、無理矢理頼み込んで23日に入居させてもらえました。

この日は、朝から京都のマンションで最低限の荷物を詰め込み、特養に義母を迎えに行き、結婚式出席のため北海道から息子が帰ってくるので飛行機が着く時間に合わせて空港まで迎えにいって、そのままサ高住への入居を手伝ってもらいました。

翌24日も、もう一度京都のマンションに追加の荷物を取りに行き、転出の手続きをしたり、夕方夫が帰ってくるので迎えに行ったりバタバタで、本当に明日結婚式?っていう感じ(^^;;;;;)

 

義母は杖なしでも移動できるくらいに回復し、これなら結婚式もなんとかなりそうだとちょっと安心。

 

そしてようやく25日を迎えることができたのです(*^^*)

 

この話はまだまだ続きます~

 


介護のこと①

2018年9月2日

7月~8月は、ものすごい暑さの中、ものすごく動き回った2カ月でした。

義母が入院したあとの経緯です。長いので2回に分けて書きます。

(過去の関連記事「ああ、現実逃避したい。。。」)

パンや発酵の話は全くでてこないので、興味のない方は飛ばしてくださいねー(^^;)

 

特別養護老人ホーム(以下「特養」)のショートステイの期限が8/24に迫り、それまでにできれば宝塚近辺で入れるところを探したいと、地域包括支援センターに相談したり、あちこち資料を取り寄せて見学に行ったりしたんだけど、特養や老人保健施設(以下「老健」)はどこも満室。

そして有料老人ホームも「ここは」と思う所はどこも空き待ち状態。なにしろこの夏は酷暑で高齢者を一時的にでもそういうところに入れようと思う人が多いらしい。

 

特養が8/24までで、もしそれまでに宝塚近辺に見つけられなかったら、8/23に京都の老健は入れるということなので、行くところがないわけではないけど、

そうなると、娘の結婚式が8/25なので、23に老健に移動し、25の朝に京都に迎えにいって、神戸の式場につれて行き、25は披露宴か20:00終了だから、それからまた京都まで送る…

というのがとてつもなく大変だというのは想像できるから(だって花嫁の両親だよ~💦💦😫)

 

できれは結婚式前に宝塚近辺に決めたかったわけです。

夫は単身赴任中で全くあてにできないし、精神的プレッシャーで眠りは浅くなるし…

 

特養に入ってみて、義母は「ここは自分の居るところではない」「早く出たい」と。特養って介護度が重い人が多いからしょうがないよね。
同じように、民間の有料老人ホームも(私が見たところは)どちらかというと要介護2~3くらいの人が多く、車椅子で生活し、生活全般において介護が必要な人が多い印象。

そして夜中には2~3回の各部屋見回り。

 

入院する前まで要支援1だった義母には「そこまでしてもらわなくても…」という思いもあり、もう少し自立度が高いところがいいかなと、少し範囲を広げて「サービス付き高齢者住宅」(以下「サ高住」)も当たりはじめました。

 

介護のこと②につづきます。。。

 


あぁ…現実逃避したい…

2018年7月31日

今日はちょっとプライベートな話です。

京都に住む1人暮らしの義母が入院しました。

義父が早くに亡くなって20年以上頑張って一人で暮らしてきた義母も、ここ数年足腰が弱り転ぶことが多くなってきたところだったけど、それでも電話では「大丈夫」「なんとかやれてるから」と弱音を吐かず元気な声で答えていた。

そんな言葉をうのみにし、夫も長期不在(海外単身赴任)だし、私も教室運営でいっぱいいっぱいだし…と甘えてしまって、結局何かことが起きないと動き出せなかった。

今回も転んで入院だったけど、検査の結果特別問題はなかったので一安心。

でもこの酷暑の中一人暮らしの家に帰すのはとても心配だし、本人も「自信が無い」ということで、もう少し動けるようになるまで、どこか施設に入ってもらうことになった。

 

ここ2週間は、病院の往復(なにしろ夫が不在。ちなみに一人息子)、ケアマネさんとの面談や施設の調整、見学などで京都を往復する日々。電車で1時間半だけど、早ければ車で30~40分、それでも片道50キロの往復は、レッスンの合間やレッスン後に動くのはかなりハード(^^;)

それでもなんとか入所先が決まり、1ヶ月の短期で特養のショートで入れてもらえることになった。

 

スタッフの方もいい方が多く、なによりいつも見守ってもらえるのはとてもありがたい。

それでも1ヶ月。

 

不在の家の郵便を定期的にとりに行ったり、通販の定期購入(買い物好きで消費しきれない健康食品が山ほど…)、読んでない定期購読の雑誌、全く使ってないインターネット契約その他をストップしたり、とにかく部屋が大変な状態になっているので片付けないといけなかったり、まだしばらくは2~3日に1回は行かないといけないわけで。

 

そして1か月後に入れる場所を探さないといけない。

 

家に帰って一人暮らしはおそらく難しい。

「家に帰っても誰も待ってない」「一人で暮らすのは不安」などなど、言葉の端々で「一人はもうイヤ」というのが見え隠れする。

そりゃそうだよね。

 

そしてこの夏、娘の結婚式と入所先探しで私は走り回ることになりそう…(-.-)

 

横浜に住む実母(認知症で要介護4)や一緒に暮らす父のことも気がかりだけど、遠方ゆえすっかり妹におんぶにだっこ。かなり負担をかけてるけど、なにもかも背負込むと自分がダウンしてしまうのでもう割り切るしかない。

 

海外にいるのでやむを得ないし、忙しいのは十分わかっているけど(ストレスで蕁麻疹ができている)、いつも肝心なときに不在な夫。

あと1年半後に帰ってきたら、犬の世話も含めていろんなことやってもらうから覚悟しといてね。

 

それにしても家周辺5キロ圏内と京都往復しかしてない日々。

あぁ…温泉行きたい。


帰省する度に思う「歳をとるということは…」

2018年6月10日

宝塚のパン教室こ・むぎのこうざきです。

今日はプライベートなお話なので、興味のない方はスルーしてくださいね(^-^)

 

私の実家は遠く横浜市で、80代の両親が暮らしています。要介護4で認知症が進んだ母を、大病で何度か手術して今は週1のリハビリに通ってる父と、車で30~40分ほどのところに住む妹が通いで看ています。

母は毎日認知症のデイサービスに通い、週3日のお泊まりもしているけど、全面的に介助が必要な日々。

 

今回は母を施設にお願いするかどうかを話し合いたくて帰省しました。

もちろん妹は前々からケアマネさんとも相談して、父が決断すれはいつでも入所に向けて動いてくれる準備はしてくれてるんだけど、とにかく父が決断出来ない💦💦

母は認知症を発症して7~8年になるし、今や娘のこともわからなくなっているのに、未だに現実を受け入れられない父。

「なんでこんなことになったのか」「治らないのか」「昔はこうだったのに…」など、もう言ってもどうしようもないことを言い、何も出来ない母を「情けない」と責める。
父は典型的な男尊女卑の人で、妻は夫の面倒をみるもの、男が家事をやるなんてありえない、親の面倒はこどもがみるもの…と思っています(^^;)

 

結論から言うと、結局のところ決定にまでは至らずで、私としては父の決断を待ってても話が進まないから、私たちで「こうしよう」と半ば強引に決めた方がいいんじゃないかと妹に言うと、妹曰く「それで特養に入ったとして、恐らく1年くらいで寝たきりになるし(妹は看護師で施設でも働いてたことがある)、それを後からグチャグチヤ文句言うに決まってる」と。

そして一人暮らしになる父の面倒を見なきゃいけないことになるのがしんどいと。

そりゃそうだなよなぁ…

 

母のことを思ったら、少人数のグループホームに入れてあげたい。でも父の今後の生活のこともあるし、金銭的に厳しい。

 

妹は長年の確執から父と折り合いが悪く、とにかくもう父とできるだけ関わりたくないわけで、できれば二人とも施設に入って欲しいと考えている。

私は3人に何ができるのか・・・

 

 

歳を重ねるということは、悲しいことだなぁと思う。

健康で豊かな生活(お金だけじゃなく気持ち的にも)が送れればシアワセだけど、残念ながら私の身近でそんな老後を送っている人はほとんどいないから、歳をとるってことは悲しいことだとしか思えない。

自分の20~30年後はどんなふうになるのだろうか…
いや、もちろん今は「絶対こんなふうにはならないぞっ」と思ってはいるけど、なにしろ身近にロールモデルがいないからなぁ…

 

「歳を重ねるってこんなに素晴らしいことだよ」って、私に示してくれる80代以上の人いないかなぁ…

 

 


履歴書には書けない特技

2018年5月2日

宝塚のパンと発酵の教室こ・むぎです。

今日車を運転してて、フッと浮かんだこと。

「私って特技ってあるのかな?」。。。

 

趣味でパンやお菓子をつくっていた頃は「パンやお菓子作り」って言ってたけど、今やそれはもう特技というのはおかしな話で。

NBAにドハマりしてた頃(1990年代)は、その頃のチーム名や選手やヘッドコーチや手法など、解説者かっていうくらい語れたなぁ(^_^;)←いや、これも「特技」とは言わないか。

 

じゃぁ今は?

 

 

履歴書に書けるような特技は無い。。。(-.-)

 

 

それでも何かないかなぁ…って散々考えて、履歴書に書けないけど、何の役にも立たない特技が浮かんだ(特技と呼んでいいのかどうか…)

 

『さくらんぼの枝を口の中(舌)で結べること』

『(ミッキーの仲間たちの)グーフィーのものまね』

 

あぁ…しょうもない…

 

これ「出来るよ」っていうと、みんな「やって、やって~!」って言うからやると、その時一瞬は「お~っ」って言われるけど、ホントに一瞬で終わる。

 

マジックとか、ジャグリングとか、腹話術とか、なんかそういうカッコイイ特技が欲しい(._.)

 

でも、このブログ読んで「やって!」ってリクエストあればやるよ(^^;)
(その時はさくらんぼ用意してね~)

 

今日はしょうもない話でスミマセン。読んでくださってありがとうございます。

 

ラインの友だち追加はこちらから↓
友だち追加
こ・むぎのレッスン案内や販売案内など最新情報をいち早くお届けします(^_^)/