私の想い、私のこと

帰省する度に思う「歳をとるということは…」

2018年6月10日

宝塚のパン教室こ・むぎのこうざきです。

今日はプライベートなお話なので、興味のない方はスルーしてくださいね(^-^)

 

私の実家は遠く横浜市で、80代の両親が暮らしています。要介護4で認知症が進んだ母を、大病で何度か手術して今は週1のリハビリに通ってる父と、車で30~40分ほどのところに住む妹が通いで看ています。

母は毎日認知症のデイサービスに通い、週3日のお泊まりもしているけど、全面的に介助が必要な日々。

 

今回は母を施設にお願いするかどうかを話し合いたくて帰省しました。

もちろん妹は前々からケアマネさんとも相談して、父が決断すれはいつでも入所に向けて動いてくれる準備はしてくれてるんだけど、とにかく父が決断出来ない💦💦

母は認知症を発症して7~8年になるし、今や娘のこともわからなくなっているのに、未だに現実を受け入れられない父。

「なんでこんなことになったのか」「治らないのか」「昔はこうだったのに…」など、もう言ってもどうしようもないことを言い、何も出来ない母を「情けない」と責める。
父は典型的な男尊女卑の人で、妻は夫の面倒をみるもの、男が家事をやるなんてありえない、親の面倒はこどもがみるもの…と思っています(^^;)

 

結論から言うと、結局のところ決定にまでは至らずで、私としては父の決断を待ってても話が進まないから、私たちで「こうしよう」と半ば強引に決めた方がいいんじゃないかと妹に言うと、妹曰く「それで特養に入ったとして、恐らく1年くらいで寝たきりになるし(妹は看護師で施設でも働いてたことがある)、それを後からグチャグチヤ文句言うに決まってる」と。

そして一人暮らしになる父の面倒を見なきゃいけないことになるのがしんどいと。

そりゃそうだなよなぁ…

 

母のことを思ったら、少人数のグループホームに入れてあげたい。でも父の今後の生活のこともあるし、金銭的に厳しい。

 

妹は長年の確執から父と折り合いが悪く、とにかくもう父とできるだけ関わりたくないわけで、できれば二人とも施設に入って欲しいと考えている。

私は3人に何ができるのか・・・

 

 

歳を重ねるということは、悲しいことだなぁと思う。

健康で豊かな生活(お金だけじゃなく気持ち的にも)が送れればシアワセだけど、残念ながら私の身近でそんな老後を送っている人はほとんどいないから、歳をとるってことは悲しいことだとしか思えない。

自分の20~30年後はどんなふうになるのだろうか…
いや、もちろん今は「絶対こんなふうにはならないぞっ」と思ってはいるけど、なにしろ身近にロールモデルがいないからなぁ…

 

「歳を重ねるってこんなに素晴らしいことだよ」って、私に示してくれる80代以上の人いないかなぁ…

 

 


履歴書には書けない特技

2018年5月2日

宝塚のパンと発酵の教室こ・むぎです。

今日車を運転してて、フッと浮かんだこと。

「私って特技ってあるのかな?」。。。

 

趣味でパンやお菓子をつくっていた頃は「パンやお菓子作り」って言ってたけど、今やそれはもう特技というのはおかしな話で。

NBAにドハマりしてた頃(1990年代)は、その頃のチーム名や選手やヘッドコーチや手法など、解説者かっていうくらい語れたなぁ(^_^;)←いや、これも「特技」とは言わないか。

 

じゃぁ今は?

 

 

履歴書に書けるような特技は無い。。。(-.-)

 

 

それでも何かないかなぁ…って散々考えて、履歴書に書けないけど、何の役にも立たない特技が浮かんだ(特技と呼んでいいのかどうか…)

 

『さくらんぼの枝を口の中(舌)で結べること』

『(ミッキーの仲間たちの)グーフィーのものまね』

 

あぁ…しょうもない…

 

これ「出来るよ」っていうと、みんな「やって、やって~!」って言うからやると、その時一瞬は「お~っ」って言われるけど、ホントに一瞬で終わる。

 

マジックとか、ジャグリングとか、腹話術とか、なんかそういうカッコイイ特技が欲しい(._.)

 

でも、このブログ読んで「やって!」ってリクエストあればやるよ(^^;)
(その時はさくらんぼ用意してね~)

 

今日はしょうもない話でスミマセン。読んでくださってありがとうございます。

 

ラインの友だち追加はこちらから↓
友だち追加
こ・むぎのレッスン案内や販売案内など最新情報をいち早くお届けします(^_^)/

 


今季も薬いらず!~花粉症に朗報?~

2018年4月21日

宝塚のパンと発酵教室こ・むぎです。

 

今年の春も私は耳鼻科のお世話にならず、鼻炎の薬いらずで過ごすことができました。

 

去年も書いたけど、私は20代の頃から2月~4月末まで鼻炎の薬が出離せない生活をしていました。約2カ月間くらい、毎日飲み続けて30年。

レーザー治療もしたことあります(これ、私的には全然効果なかった…)

市販のヨーグルトも食べました(お腹がゴロゴロして断念…)

 

なのに!

 

2年前に「あれ?なんか症状が緩和されてる?」でもあの「眠れないつらさ」を知ってる自分は、いきなり薬をやめる勇気がなかったので、一番ひどい3月末頃まで服用したあと、早めに切り上げました。

そして去年、思い切ってやめてみたところ、多少目のかゆみや鼻水はあったものの、薬は飲まなくて過ごせました。

そして今年。

去年より花粉の飛散量が多いと聞いていたけど、絶対大丈夫っていう思いがあって、服薬せずで過ごし、無事乗り切ることができました!!!

 

3年前と何が違うのか…?

それは、「毎日自家製甘酒(甘麹)を飲んでいること」です。

 

食生活も、以前よりもなるべく発酵食や自家製保存食などを摂るように意識してるけど、明らかに違うのは「甘酒(甘麹)」です。

毎朝大さじ2杯の甘酒を、無調整豆乳で割って飲んでいます。それを毎日。

 

薬じゃないから即効性はないし、「効く」かどうかはわからないけど、私には効果があったみたい。「治った」わけではないと思う。「抵抗力」とか「免疫力」かな。

「続ける」ことって本当にスゴイことだと実感しています。

 

鼻炎で悩んでいる方、だまされたと思って一度試してみてください!

ポイントは「自家製甘酒」

 

今は「甘酒&塩麹の発酵講座」をお休みしていますが、リクエストがあればレクチャーします。

日本発酵文化協会認定の発酵プロフェッショナルとして、発酵や麹についてわかりやすく説明しながら、甘麹や塩麹の失敗ない作り方、管理の仕方、応用のさせ方などをお伝えします。実際その場で甘麹を作ってお持ち帰りいただきます。

 

そして、自分で作れないよ~という方、連絡ください!

作ったものをお分けします(“⌒∇⌒”)(材料代、資材代などいただきます)

 

市販の甘酒でも悪いとは言わないけど、麹がどれくらい使われてるのか、添加物などが使われていないか…などがわからないので、やっぱり自家製がいいと個人的には思っています。

 

花粉症を軽減し、お肌もツルツルになる「甘酒(甘麹)」や麹を使った発酵食、だまされたと思って一度試してみてください!(ただし、効果は私個人の感想です。万人に当てはまるかどうかは検証していないので保証できません(^_^;)のであしからず…)

何度も言うけど、薬じゃないのですぐ効果がでるものではないです。継続することが大事ですよ~

 

ライン@の友だち追加はこちらから↓
友だち追加
エルジェンヌのライン@もスタートしています↓
友だち追加


嬉しいメールでパワーチャージ!

2018年4月13日

パンと発酵教室こ・むぎのこうざきです。

春休みに開催した「ミニミニ豚まんレッスン」に参加してくださった方から

とても嬉しい感想をいただき、

最近ちょっと落ち込み気味だった心が、一気に元気メーターが上がりました!

親子で参加のSさん…

『先日、お隣さんとのご飯会で、レッスンで習ったミニミニ豚まんを、所々みんなで作って、食べました。
みんなに好評で、美味しかったです(^^)
〇〇ちゃんも、やはりモリモリ食べてました(^^;;
習いに行ってよかったなー、と思い、メールしました。
ありがとうございました!』

 

また、こんな感想も。

『孫に安心して食べれるおやつをと思い、ミニ豚まん作りに参加。 
先生の説明通り、簡単に美味しい豚まんができ大満足。春休みだったので、参加したちびっこたちと楽しい時間が過ごせました。 また家でも挑戦してみます。』 

 

教室に来ていただいて、「美味しい」って言ってもらえると、それはもう本当に嬉しいです。

さらにその方が誰かのために作って喜んでもらえたと聞いたら、もう舞い上がっちゃいます~(≧▽≦)!!!

 

やっぱり人に喜んでもらえるっていうのは、本当に本当に嬉しくて、やっててよかったなぁと心から思える瞬間です。

私もともと接客とかすごく好きで、自分でもサービス業向きだなと思うのですが、こういう「先生業」ってサービス業だなぁと思うのです。

 

 

もちろんそれだけ(喜んでもらえるだけ)では「教室運営」を考えたときに、難しい部分もあって、どこで折り合いをつけるか、どこを切るか…とか、数字を見てしまうと現実が見えてきて苦しくなるし、割り切らないといけないのにそれが出来ない自分は、向いてないな…と思う時がある。

自宅ではなく、場所を設けて教室運営をするっていうことは、「楽しい」だけではできないものがあるわけで。。。

 

それでも喜んでくれる人がいて、まだ頑張れる自分がいる間は、もがきながらも続けようと今日あらためて思いました。

 

まだまだ七転八倒中です(^^;;;;)

 

ライン@の友だち追加はこちらから↓
友だち追加

 


新しい生活にはなかなか慣れず…

2018年4月7日

宝塚のパンと発酵教室こ・むぎのこうざきです。

 

4月、新年度になり、入園、入学、入社など自分や家族の生活が変わった人も多いでしょうね。

私自身もこの春、娘が結婚で家を出て、

ワンコと二人?暮らしになりました。

え?旦那は?って思った?

諸事情により限定2年間はワンコと二人暮らしです(^^;)

この生活、なかなか慣れません。

 

食材が減りません。

ご飯作っても、たくさん残ります。

 

1人分作るって大変なんだなーと。

世の中の一人暮らしの人、どうしてるんだろう?

コンビニ弁当で済ませてるのかな。

 

私はご飯作りたいヒトなので「面倒だ」とは思わないんだけど、残るのが困る。

3日間くらい同じものが出てきたり(^_^;)

冷凍できるのも限られるし、冷凍庫パンパンになってるし…

 

親姉妹が近くなら、毎日でも届けてあげるんだけどなー(とにかくみんな遠方)

…ていうか、別に親姉妹じゃなくても、欲しいっていう人がいれば取りに来てって感じ。

 

これなんか、生姜の甘酢漬けを豚肉で巻いて焼き、梅と甘酒ベースのソースをからめ、上から乳酸キャベツを散らした「発酵肉巻き~♡」

まだ冷蔵庫にあります(^^;)

 

 

またまた私の「食堂のおばちゃん」妄想が始まる…

そう、私は食堂のおばちゃんになりたい。発酵食品を駆使した「発酵食堂」!

1人暮らしや、忙しくて作れない、でもちゃんとしたご飯を食べたいって人にご飯を提供できるスペース。

例えば小さい子を抱えて働くママや、私みたいに1人分しか要らない人が一緒に食べれるスペース。

 

そんな妄想を抱えながら、また今日も冷蔵庫の食材をどう変身させようか考えています。

 

ライン@の友だち追加はこちらから↓
友だち追加

エルジェンヌのライン@も始まりました(^^)
友だち追加


旅立ちの春

2018年3月7日

今日はちょっとプライベートなお話です。

夏に結婚予定の娘が、新生活だけ先にスタートさせるために引っ越しで家を出ました。

家からは車で30分ほどのところです。

 

小さなアパートなので、それほど多くの荷物は持っていけないけど、仕事で必要な電子ピアノだけは運んでもらわないといけないので、一応業者さんに頼んでの引っ越しをしました。

 

昔、自分が嫁入りの頃は、結婚といえばやっぱり「家と家」って感じで、嫁入り道具をそろえさせられたけど(着物や婚礼ダンスなど…ホントに「要らん!」って思っていた(^_^;))、今の時代本当に自分たちで、身の丈にあった暮らしからスタートするんですよね。

彼の使っていたもの(洗濯機やテレビなど)は使えるものはそのまま使い、それでも冷蔵庫だけはこれからの生活を考えて新しいものを買ってあげました。

でもガスコンロもカーテンも、もちろん箪笥などの家具類はほとんど無く、暮らし始めてから揃えていく感じ。車も持たず、本当にゼロからスタート。

いいなぁ…って思います(*^^*)

 

二人とも働きながらの生活で思うように動けないから、私がやってあげたい…っていう思いをグッと抑えて、助けを求めてきたときに動けるように、そっと見守ってゆこうと思います。

 

それにしても、まだまだ荷物が残っているとはいえ、ピアノを運びだし、持ち主がいなくなったガランとした部屋は本当にさびしい(泣泣泣)

 

そして一番泣けてくるのが、飼い犬の姿。

娘が帰ってくる時間になると、玄関の様子を気にするの。

娘の部屋のドアをカリカリしたりするの。

忠犬ハチ公か~(^_^;)!!!

まだまだ私もこの生活に慣れないけど(相変わらず、翌日の弁当用におかずを残しておいたりする)、世の中が新しい生活になるこの季節、私も少しずつ動き出そうと思います。

 

ライン@の友だち追加はこちらから↓

友だち追加

レッスン情報、販売情報などいちはやくお届けします(^_^)/


【4月からのレッスンについて②】

2018年2月14日

宝塚のパンと発酵教室こ・むぎのこうざきです

 

先日「4月からの教室の体制」について少し書きましたが、もう少し具体的に書きたいと思います。

 

今まではランダムに各レッスンを組み込んでいましたが、今後は…

例えば1週目はイーストパンコース、2週目は自家製酵母パンコース、3週目はお楽しみレッスン…のようにかためてゆきます。

なので、レッスン回数も増え生徒さんの選択肢が広がります。

 

また、保育士さんの居る「赤ちゃん連れのクラス」は廃止しますが、あえて分けずに「赤ちゃん連れの人もいるレッスン日」を設定し、誰もが参加しやすいようになります。

 

「お楽しみレッスン」は今までのフリーレッスン(応用レッスン)や、味噌やベーコンを行います。
パンレッスンは1名様でも開講しますが、お楽しみレッスンは2名以上での開催となります。

 

そして季節ごとに何かサプライズ的なレッスンができるといいなぁと思っています。

 

今までやっていた「発酵教室」は、4月からなくなります。
(味噌仕込みワークショップは冬限定でやりますよー)

 

4月のレッスン日は、2/25頃に掲載します。
4月1週目は春休みなので、「春休み企画」が目白押し。
2週目から通常レッスンスタートです。

 

ライン@ではいち早く情報お伝えします。
また「気まぐれ販売」がもしかしたらあるかも…
是非友だち追加してくださいねー(^^)
友だち追加

 

 


新年度からのこ・むぎは…

2018年2月5日

宝塚のパンと発酵教室こ・むぎです。

立春もすぎ、まさに新しい年のスタートです。

年末からいろいろ考えていたことを、自分の中で整理して、
4月以降少し教室の体制を変えていくことにしました。

 

2016年9月に自宅から現在の場所に教室を移し、それまで自宅ではパンとお菓子をやっていたのを、自家製酵母の麹つながりで発酵もとりいれ、現在に至っています。

 

パン教室(イーストと自家製酵母)と発酵教室、そしてベーコン講座という3本立てで行っている今の体制を、

4月以降、パン教室メインでやっていくことにします。

そして、パン販売は3月で一旦終了します。

 

ここにいたる経緯はいろいろありましたが、一番大きな理由は、私のキャパオーバーです。

「発酵」が好きで、より多くの人に発酵食品の良さを伝えたい、自家製をもっと楽しんでもらいたい…そういう思いで発酵教室をやってきました。

しかし、自家製酵母のパン、発酵料理教室、ベーコンとどれも事前準備に日にちがかかるもの、しかもすべてバラバラで材料等の共通性がないので、「〇日に発酵教室用の肉を仕込み…」「〇日にベーコンを塩漬けし…」「〇日にパン酵母を用意し…」と、日にちの管理がとても大変。

どうしても抜けがでてきたり、忘れ物があったり…
実際生徒さんにご迷惑をかけたこと数知れず…

 

そして、どれもが中途半端になっていることも分かっていました。

 

もちろん、レッスンは全力投球で、100%エネルギーをそそいでやっています。

だからこそ、どんどん気持ちに余裕がなくなってきてしまっている。

 

器用にこなせる人もいるかもしれません。

でも私はアップアップで、こういう状態は自分が納得できない。

「教える、伝える」からには、自分自身もより高いレベルでいたい。

 

いろんな人に相談したり、アドバイスをもらったりして出した答えは、内容を絞ること。

 

原点に立ち返ること。

 

こ・むぎは、

 

・パン作りの楽しさを伝える教室(お楽しみレッスンを増やす)

・少し作れるようになった人にレシピを応用できるパン作り

・どこにもない、オンリーワンの味を作れる自家製酵母のパン作り

そして「自分も教えてみたい」人向けのレッスン。

を教室のメインにします。

 

そして、パンを美味しく食べるために、一緒にベーコンやお料理、体にいいお菓子(太らないお菓子)を、サブメニューで伝えてゆきたいと思うのです。

 

「こころとカラダがよろこぶもの」「腸美人になれるもの」という原点は変わりません。やり方を少し変えていこうと思います。

 

パンレッスンの日程を増やし、内容もより充実したものにしていきます。

 

パン販売を楽しみにしてくださっていた方もたくさんいました。本当にごめんなさい!

(パン販売については、ひっそりと販売するかもしれませんので、ライン@をチェックしてくださいねー!)

 

ライン@の友だち追加はこちらから~↓
友だち追加


2018年!あけましておめでとうございます。

2018年1月3日

宝塚のパンと発酵教室こ・むぎです。

2018年です。新年あけましておめでとうございます!

旧年中は、たくさんの方とご縁をいただき、本当にありがたく嬉しい一年でした。

 

試行錯誤しながらの1年でもありました。

果たして来ていただいた方に満足してもらえたか、わかりやすいレッスンができたのか、どうやったら伝わるのか…

「教室運営」ということであれば、ただ「良いもの」を提供するだけでは成り立たない、利益をださないといけない。

本来「楽観的&ポジティブシンキング」と言われていたワタシでしたが、この1年は夢の中でも仕事してました~(^^;;;;)

 

2018年は、レッスン内容をさらにブラッシュアップするとともに、自分自身が苦しくならないような教室運営への見直しを図りたいと思います。

 

今年もたくさんの出会いと、「嬉しい」「美味しい」「楽しい」を積み上げてゆきたい!

そして「美味しいもの」「カラダに良いもの」「腸から健康になる(腸美人)」を追及し、皆さんにお届けできたらなーと思っています。

 

そして、何よりも自分が楽しむことを忘れないようにしようと思います(*^^*)!

 

2018年もよろしくお願いします!

 

ライン@の友だち追加はこちらから~♡
友だち追加

 


泣けるくらい嬉しかったこと(;O;)

2017年12月19日

宝塚のパンと発酵教室こ・むぎです。

今年もあと10日ほどになりました。

2016年から引き続き、2017年も相変わらず走りっぱなしの1年でした。

場所を借りての教室運営は、頭では分かっていたことだけど、やっぱりとてつもなく大変で、まわしていくにはどうしたらいいか…が常に頭の隅にあって、心に余裕のない日々…

『(今の運営規模にしては)固定費(家賃その他)が高すぎる』『集客以前の問題で、固定費を削ることを考えた方がいい』と指摘され、それはもうわかり過ぎるくらいわかっていたので、ちょっとシュン…(._.)となっていました。

それでも今の場所を維持していきたい。

やめることはいつでもできる。まだ走り出して1年3か月。まだできる事はある、と気持ちを鼓舞していたとき、レッスン受講してくださった生徒さんから、本当に嬉しい言葉をいただきました。

 

(本文そのまま)
「今年は先生に出会い、たくさん学び、そしてお料理もパンも楽しくて、麹が私にとっては身近になりました(*≧∀≦*) 
ありがとうございます。 
先生のいつも笑顔溢れるレッスンがとても楽しくて、私はファンです。 
なかなか笑いの絶えないレッスンってなかったんで、とても楽しく、そして、麹に対してとても可愛くて愛着が出てきて、学べて良かったと心よりいつも思っております。 」

「麹は古来より身近だったことを知り、ひと昔もふた昔も前だったら麹はお味噌や甘麹、お醤油も買うのではなく、作ってはったんやろうなと感じてからは、イーストのパンでは感じれなかったもちもちのパン。そして、酒種と向き合い、生地と向き合うことで、自分の今を感じました。あー焦ってるな私とか、今日は絶好調だなとか、麹が教えてくれはるあの瞬間が楽しくて仕方ありません。」

このメールを読んだとき、不覚にも涙が出ました。

私が伝いたいと思っていたことが、ちゃんと伝わってたんだなーって。

やっててよかったと心の底から思えました。

 

こ・むぎは、おしゃれな教室でもないし、豪華な食事がでるわけでもないけど、

「楽しかった」「美味しかった」「また来たいな」「手作りのものっていいな」「作ってみたいな」と思ってもらえるような場所になることを目指してきました。

来年も少しずつ変化してゆきながら、もっと多くの人に伝えていけたらいいなぁと思うのです。

長文読んでくださってありがとうございました。

 

 

ライン@の友だち追加もよろしくお願いしますヽ(^o^)丿
友だち追加