自家製酵母パンのレッスン風景~ベーグル~

2018年3月12日

ようやくあたたかくなってきた今日この頃。

自家製酵母パンの生地も、少しだけ発酵しやすくなってきました。

 

今回は2種類のベーグルを中種で作ったんだけど、1つ(バジルチーズ)は早朝家で捏ね~成形した状態で室温におき、その後教室へ移動して室温発酵→発酵器へ。

もうひとつ(プレーン)は、生徒さんに成形をやってもらうために、レッスン開始後捏ね→成形→発酵器ですすめました。

 

ここからは、私の大好きな(?)検証の内容になりますが…(^^;)
バジルベーグルは、最初の捏ね上げ生地温度が低く、しばらく室温発酵のため、生地が冷えてしまい、なかなか復温しなくてケトリングまでに5時間かかってしまったけど、

プレーンのほうは捏ね上げ生地温度も25度の状態ですぐ成形し、30度の発酵器で発酵させたので、ケトリングまでに3時間かからなかったのです。

つまり、自家製酵母でも適正生地温度で適正発酵が行われれば、捏ねから完成まで3時間ちょっとでできるのです(^^)

 

今回はベーグルなので水分量少な目でかなり扱いやすい生地になりました。

他にも作った「イチジクとくるみのパン」と一緒に、試食も美味しくいただきました(*^^*)

 

【お知らせ】

4月からパンレッスンの日程が増えます。

また、5月より自家製酵母パンのレッスン内容を一部リニューアルする予定です。

「一度体験してみてからコースに入りたい」という方向けに、体験レッスンも開始します(^^)

気温が上がる4月頃から、パン作りにとって最適の季節になるので、是非お越しください!

 

ライン@の友だち追加はこちらから↓
レッスン情報、販売情報などいちはやくお届けします。

友だち追加