新年度からのこ・むぎは…

2018年2月5日

宝塚のパンと発酵教室こ・むぎです。

立春もすぎ、まさに新しい年のスタートです。

年末からいろいろ考えていたことを、自分の中で整理して、
4月以降少し教室の体制を変えていくことにしました。

 

2016年9月に自宅から現在の場所に教室を移し、それまで自宅ではパンとお菓子をやっていたのを、自家製酵母の麹つながりで発酵もとりいれ、現在に至っています。

 

パン教室(イーストと自家製酵母)と発酵教室、そしてベーコン講座という3本立てで行っている今の体制を、

4月以降、パン教室メインでやっていくことにします。

そして、パン販売は3月で一旦終了します。

 

ここにいたる経緯はいろいろありましたが、一番大きな理由は、私のキャパオーバーです。

「発酵」が好きで、より多くの人に発酵食品の良さを伝えたい、自家製をもっと楽しんでもらいたい…そういう思いで発酵教室をやってきました。

しかし、自家製酵母のパン、発酵料理教室、ベーコンとどれも事前準備に日にちがかかるもの、しかもすべてバラバラで材料等の共通性がないので、「〇日に発酵教室用の肉を仕込み…」「〇日にベーコンを塩漬けし…」「〇日にパン酵母を用意し…」と、日にちの管理がとても大変。

どうしても抜けがでてきたり、忘れ物があったり…
実際生徒さんにご迷惑をかけたこと数知れず…

 

そして、どれもが中途半端になっていることも分かっていました。

 

もちろん、レッスンは全力投球で、100%エネルギーをそそいでやっています。

だからこそ、どんどん気持ちに余裕がなくなってきてしまっている。

 

器用にこなせる人もいるかもしれません。

でも私はアップアップで、こういう状態は自分が納得できない。

「教える、伝える」からには、自分自身もより高いレベルでいたい。

 

いろんな人に相談したり、アドバイスをもらったりして出した答えは、内容を絞ること。

 

原点に立ち返ること。

 

こ・むぎは、

 

・パン作りの楽しさを伝える教室(お楽しみレッスンを増やす)

・少し作れるようになった人にレシピを応用できるパン作り

・どこにもない、オンリーワンの味を作れる自家製酵母のパン作り

そして「自分も教えてみたい」人向けのレッスン。

を教室のメインにします。

 

そして、パンを美味しく食べるために、一緒にベーコンやお料理、体にいいお菓子(太らないお菓子)を、サブメニューで伝えてゆきたいと思うのです。

 

「こころとカラダがよろこぶもの」「腸美人になれるもの」という原点は変わりません。やり方を少し変えていこうと思います。

 

パンレッスンの日程を増やし、内容もより充実したものにしていきます。

 

パン販売を楽しみにしてくださっていた方もたくさんいました。本当にごめんなさい!

(パン販売については、ひっそりと販売するかもしれませんので、ライン@をチェックしてくださいねー!)

 

ライン@の友だち追加はこちらから~↓
友だち追加