少人数レッスンのメリット、デメリット

2017年2月8日

少人数制レッスンのメリット、デメリット

宝塚の自家製酵母パンと発酵教室こ・むぎです。

本日も和気あいあい、笑いにあふれたレッスンでした(^^)

パンやお菓子やお料理教室って、その形態は大きく2つにわかれると思います。
公共施設や専用スタジオなど広いスペースで、大人数で行う教室と、
自宅や小さいスペースで、少人数で行う教室。

こ・むぎは、料理教室専用スペース(自宅ではない)で、少人数で行う教室です。
多くても6名までです。

こ・むぎの教室のコンセプトは、「自宅でも作れるようになること」
そのためには、あまりにも手に入りにくい材料は使わない。そして「聞きたい」と思ったときにすぐ質問ができること。各家庭の環境にあわせたアドバイスができること。手の動きやハケの使い方など、ひとつひとつ細かく教えています。
そうなると、大人数では無理だなぁと。

おしゃれなテーブルコーディネイトや演出は一切なし。試食も家庭でご飯を食べるように、リラックスして食べていただいています。
(というか、飾りや演出ができないだけで…(^^;;;;)センスの問題)

 

 

少人数のメリットは、とにかく質問しやすいこと。ほぼマンツーマンに近いレッスンなので。
先生との距離が近い、他の生徒さんとの距離が近いということで、「あれ、前も一緒だったね」なんて話も弾みます。
デメリットは、メリットがそのままデメリットにもなります。距離が近いということは、「合わない」場合はつらいですよね(^_^;)

そして、教室にとっても、少人数ってデメリットあるんです!
「キャンセルになった場合」
これ、結構痛いです(^_^;)特にこの季節、生徒さんや家族の体調不良でキャンセルが出やすく、一人だけって場合もあります~
でも1人でもやりますよ!(イベントレッスンなどはやらないこともありますが…)

だって、生徒さんはこの日のために日にちをあけてくださって、楽しみにしてもらってるわけだから。
キャンセルポリシーで前々日からのキャンセル料いただいてる自分が、こちらの都合で「やりません」っていうのもどうかと思うし。

しっかり作れるようになりたい!家族に食べてもらいたい!って思う方には是非来てほしい教室です(*^^*)

〇シアワセをこむぎから。。。〇
こころとカラダが元気になれる
自家製酵母パンと発酵教室こ・むぎ