作成者別アーカイブ: 神前

1.17に思う

2019年1月18日

今年も1月17日が巡ってきました。

阪神淡路大震災から24年。

今でもあの日のことは鮮明に憶えているし、この震災関係の記事を読むと今でも胸が締め付けられる思いです。

 

24年経っても、追悼で涙を流す遺族の映像をTVで見ると、

若いころの自分だったら「もう20年以上も前なのにまだ悲しのかな…」なんて無神経なこと考えていたけど、残された人にとっては月日の流れなんて関係ないし、悲しいだけじゃなくいろんな思いが涙となるんだなとわかるのです。

 

24年前、宝塚に引っ越して1年もたたない時に震災にあいました。

まだあまり知り合いもなく、頼れる人もいなくて、子どもは5歳と3歳。

インターネットや携帯電話なんてまだ全然普及してなかった頃で、情報も無く途方にくれてました。電気や水はすぐ復旧したけど、ガスがしばらく止まっていたからお風呂が使えない。

 

電話がつながるようになったら、関東に住む友人たちが次々連絡をくれたり物資を送ってくれたりしてもらったのがありがたかったです。

 

そして、震災から数日後なんだか聞いたことのあるメロディが聞こえる。。。

収集されなかったゴミを収集している車のメロディが、聞き馴染んだ横浜市のごみ収集車のメロディだったのです!

今は変わってるかもしれないけど、当時は「♪だいすきな、だいすきな、横浜オハヨー♪」ってメロディ(^^;)(これ知ってる人いたらメッセージください)

それを聞いたとき、涙が止まらなかったなぁ。張りつめていた気持ちがはじけた…というか。

こんな遠くまで故郷横浜から助けに来てくれたような気持ちだったんですよね。

 

 

幸いにして自分や自分の周りには、怪我をしたり無くなったりした方はいなかったし、住んでるマンションも一部損壊程度で大きな被害は無かったけど、息子の幼稚園の方の中には大変な被害を受けたり、同じ宝塚市内でも無くなった方も大勢いて、本当に家族みな無事で過ごせていることが奇跡なんだなぁとあらためて思いました。

 

災害大国日本で、明日も今日と同じ日常が過ごせるとは限らない。

こうして何事もなく過ごせる日々に感謝するとこを思い起こさせてくれる1月17日です。

 

ラインの友だち追加はこちらから↓

レッスンや販売、イベントなどの最新情報をいち早くお届けします(^^)
友だち追加

 

 

 

 


空席情報(1/8現在)

2019年1月8日

レッスン空席情報(2019年1月8日現在)

◆味噌仕込みワークショップ◆
キャンセルが出たため、空席あります。
お子様連れOKです(^^)

1/20(日)…満席
1/21(月)…残席4
1/30(水)…満席
2/16(土)…残席2
2/21(木)…残席1

5キロ…6500円
2.5キロ…3500円

※容器が必要な方は容器代別料金となります。

お問い合わせ、お申込みはこちらから↓

お問い合わせ

 

◆パンワンデイレッスン◆

「クロワッサン」「甘酒スコーン」
受講料:4700円

1/23(水)…満席
1/27(日)…残席3

「酒粕バタール」「豚まん」
受講料:4700円

2/17(日)…残席5
2/27(水)…残席3

お問い合わせ、お申込みはこちらから↓

お問い合わせ

 

通常のコースレッスン(自家製酵母パン、イーストパン)や、「初めての自家製酵母レッスン」も絶賛受講生募集中!

新しい年の始まりに新しいことにチャレンジしてみませんか?

お問い合わせ、お申込みお待ちしています(^^)

 

ラインの友だち追加はこちらから↓

レッスンや販売、イベントなどの最新情報をいち早くお届けします(^^)
友だち追加

 


ピンチ!酒種酵母死滅(>_<)

2019年1月4日

年末に自宅のオーブンレンジが壊れた事件は、

FB(フェイスブック)Line@のほうにも書きましたが、

年末にもう一つ大事件が起こりました!

 

大切に育て続けていた自家製酵母(酒種)を死滅させてしまったのです~(>_<)

 

12/30(オーブンレンジがこわれた日)に、自家製酵母を継ごうといつも通りヨーグルトメーカーにセットして、スイッチオン!

12時間後にみたら、餅のような団子状態!

 

瞬時に温度設定を間違えたことに気づきました

甘麹を作ったときの温度そのままでやっちまったのです~!!!

(あー、その時の写真とっとけばよかった!それどころじゃなかったから)

 

いつもなら、予備に最低でも100gくらい置いとくし、教室の冷蔵庫にも保険で置いてるのに、

今回は教室の分も引き上げて、家に100gくらいしかなくて、こんなときに限って継ぎ用に使った残りを中種用に全部使っちゃったのです。

 

酒種持ってる人に分けてもらうことも考えました。

でも年末年始。。。。

 

いちから種起こしするしかない。

『はじめての自家製酵母』のレッスンでいつも講義している、アレです。

5日かかるアレです(^^;;;;)

 

 

もう何年も継いでたから、いちからの種起こしはかれこれ10年ぶりくらいだろうか…

大丈夫!家中に酵母菌は飛んでるはずだから、うまくできる!ダメだったら誰かにもらおう!

そう自分をはげまして、生米からスタート。

 

1日目…シーン

2日目…少し白っぽく濁ってきた(よしよし)

3日目…同じく白い。でも少し香りが…?

4日目…ちょっと酒種っぽくなってるかも~?

5日目…完成。うん、いつもの酒種の香り。

念のため、もう1回継いでおこう。

そこからパンに使います。はたしてちゃんと活動してくれるかなぁ…

 

続きは後日。

 

ラインの友だち追加はこちらから↓

レッスンや販売、イベントなどの最新情報をいち早くお届けします(^^)
友だち追加

 

 

 

 


2019年の野望

2019年1月3日

「平成最後の…」って言葉を最近よく耳にするなぁと思いながら便乗するわたし(^_^;)

平成最後のお正月、皆様いかがお過ごしですか?

 

2018年は家族の結婚や介護など、プライベートでも色々と忙しい1年でしたが、充実した楽しい1年でした。
多くの方との出会いや、レッスンに来ていただいた方、こ・むぎのパンやお菓子を食べて「美味しい」と言ってくださった方、いろんな場面で手を差し伸べてくださった皆様のおかげです。
感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました。

12月最後のレッスンを26日に終え、28日からは古巣(和菓子屋)のヘルプで31日までお仕事してきました。1年で最も忙しいのが大晦日なんです。

辞めて1年以上になるんだけど、私にとってはとても居心地のよい職場で、もちろん人が足りないから声かけていただけるんだけど、とてもありがたいなぁと思っています。

 

この年末年始は、離れて暮らす息子も夫の旧正月休暇(2月)に帰国するのに合わせて帰省するということで、年末年始は帰省せず、結婚した娘も年始にしか来ないので、犬と二人でいつもの日常生活。

考えてみれば、年末年始を全く一人で過ごす(犬がいるけど…)のは初めてのことで、これはこれで気楽だけどやっぱりさびしい。。。

 

でも、これからますます高齢化で、独居の人が増えていくわけだから、そんな人も増えていくよね、と考えたら、以前から思っていたことがムクムク沸き上がりました!

 

ここ何年かずっと考えていた「共食」。

(最近では「キッチハイク」って言葉もあるらしい)

ご飯を誰かと一緒に食べること。

そんなスペースが作れたらいいなぁって。。。

 

おうちでご飯を食べるように、フラッときて食べれるところ。

もちろんタダじゃないよ。月会費でもいいし1回ごとでもいいけど、ちゃんとお金もらって。

レストランやカフェとは違う。

「おうちでご飯を食べるように」だから、メニューは日替わりのみ。

ただ、私アルコール飲めない人なので、アルコール欲しい人は自分で買ってきてもらう感じ(^^;)

 

ああ、そんな感じのこと、やりたいなぁ。

2019年の野望です(*^^*)

 

 

ラインの友だち追加はこちらから↓

レッスンや販売、イベントなどの最新情報をいち早くお届けします(^^)
友だち追加

 

 


介護のはなし④~明るい光がみえてきた?~

2019年1月2日

義母のサ高住での生活も4ヶ月を過ぎました。

 

退院後、歩けなくなって生活全般に介助が必要になってからどうなることかと思っていたけど、
サ高住の職員さんのきめ細かい支援のおかげで、どうにか立ち上がりはできるようになり、
車いすからの移乗もできるようになって、まだ見守りは必要ではあるけどトイレも自分でいけるようになったのです。

そして食事介助なしで、自分で食べれるようになり、ご飯もほぼ8~9割食べれるようになってきました。
ものすごい進歩です!

 

前回も書いたけど、生活すべてに介助を入れるととても単位数が足りなくなるわけで、区分変更はかけたけど、認知症は全く問題ないのでおそらく介護度を上げるのは難しいんじゃないかなと思う。

 

だからはっきりとお金の話をしました。

「ここの住居費含めて介護保険を使って今だいたい20万くらいかかってるけど、それは1割負担での金額だから、介護保険をオーバーした分は10割ですべて自己負担になる」「この生活が続くと、介護保険の単位数をオーバーして、30万以上かかるようになる」と。

「だから、せめてトイレが1人で行けるように、ご飯も一人で食べれるようになってください」と。

理屈っぽい義母なので(^^;;;)、きちんと説明したら納得すると思ったのです。

 

それを理解してくれたのかどうかはわからないけど、自分で動かなきゃいけないと少しは思ってくれたみたいで。

もちろん気分のムラはあるから、歩行器の練習は相変わらず嫌がるし、「車いすが楽だから」と移動は相変わらず車いす。

 

それでも行くたびに、少しずつ活力が出てきてる姿を見るとホッとするのです。

血圧も安定してきて、眠剤その他色々飲んでいた薬が全て無くなり、「夜もよく眠れる」と言ってる。「ここに居たら心配なことが何もないから」と。

その言葉を聞いただけで、今までの大変だったことがすべて溶けていく気がしました。

 

まだまだこれからもいろんなことがあると思うけど(若返ることはないからねー(^_^;))

自分の老後を考えさせてくれるいいお手本になってもらってると、全て自分の肥やしにしていこうと思うのです。

 

 

ラインの友だち追加はこちらから↓

レッスンや販売、イベントなどの最新情報をいち早くお届けします(^^)
友だち追加

 


2019年2月のレッスン日程

2018年12月26日

【2019年2月のレッスン日程】

 

 

[お詫び]

2月は都合により、レッスン日が少なくなっております。何卒ご了承願います。

 

◆パンワンデイレッスン◆
「酒粕バタール」「豚まん」

2月17日(日) 27(水)
10:00~13:00頃
受講料:4700円(税込)

 

◆味噌仕込みワークショップ◆
いよいよ始まります!一度食べたら市販の味噌は買えなくなる「手前味噌」仕込み!
2.5キロまたは5キロの米味噌を仕込みます。
2月16日(土)21(水)
10:00~12:00
〔受講料〕
2.5キロ…3500円+容器代
5キロ…6500円+容器代
※2回目以降の受講の方には割引あり

 

お問い合わせ、お申込みはこちらから↓

お問い合わせ

 

ラインの友だち追加はこちらから↓

レッスンや販売、イベントなどの最新情報をいち早くお届けします(^^)
友だち追加

 

 


シュトーレンのこと

2018年12月19日

今年の「シュトーレンレッスン」終了しました。

bty

今年はイベントでも人気だった、「抹茶」「きな粉」を希望する方が多かったです(*^^*)

フルーツも美味しいんだけどなー。

ラム酒漬けで大人味だからかな。

bty

 

 

「シュトーレン」(正式には『シュトレン』って言うんだって)は、ドイツ発祥の発酵菓子で、

地域によっても作り方など色々らしいです。

 

こ・むぎのシュトーレンは、「The Japanese Stollen」

そう、「和のシュトーレン」(^^)

だから本場のものから見たら、「なんちゃってシュトーレン」(^^;;;;)

はい、承知しています。

 

でもね、自分が「美味しい」と感じるものを伝えたいし、パンやお菓子は基本的に「自由」だと思うのです。伝統はもちろん大切だけど、そこから自由に発想して創造していくもの。

 

「求める人」がいて「美味しい」と言ってもらえるなら、それはそれでOKじゃないですか?

 

 

エルジェンヌ・フェスタで販売したシュトーレンを食べて、

「素朴で美味しかった」

「甘過ぎなくて、あっという間に食べちゃった」

「もう1本買えばよかった」

と嬉しい感想をたくさんいただきました。

 

実はこの「抹茶味」「きな粉味」は、クリスマスよりお正月向けかも…とあとから思いました。

黒豆と栗が入ってるしね。

 

クリスマスラッピングじゃなくて、お正月ラッピングにしたら、

お年賀のおもたせにいいかも。

 

来年はその線でいこうかな(先過ぎて鬼が笑う…(^_^;;;;;))

 

ラインの友だち追加はこちらから↓

レッスンや販売、イベントなどの最新情報をいち早くお届けします(^^)
友だち追加

 

 

 

 

 

 

 


味噌仕込み講座受講料について

2018年12月16日

1月から始まる「味噌仕込み講座」の受講料についてお知らせします。

 

2.5キロ…3500円+容器代

5キロ…6500円+容器代

 

昨シーズン受講された方は、再受講割引価格を適用します(^^)

〔2回目以降の再受講の方〕

2.5キロ…3300円+容器代

5キロ…6300円+容器代

 

お問い合わせ、お申込みはこちらから↓

お問い合わせ

 

当初…というか昨シーズンの料金に基づいて3000円~5000円としていましたが、原材料の値上がりと、送料の値上がりによりやむをえず受講料を値上げさせていただくことになりました。

(他教室でも個人教室は5キロ7000円のところもあるようで…)

お味噌屋さんで開催している「味噌教室」などは、やはり仕入がかからないからかかなり格安で行われているようですが、こ・むぎは一般家庭と同様の仕入をしている上、材料も厳選した上質なものを使うためです。

 

大豆…北海道産「とよまさり」30年度産

米麹…徳島県山田鶴亀本店

塩…青い海社製「真塩」(生活クラブ取扱い品)

 

【味噌仕込み日程】

1/20(日)…満席
1/21(月)…残席3
1/30(水)…残席3

2/16(土)…残席5
2/21(木)…残席2

お問い合わせ、お申込みはこちらから↓

お問い合わせ

 

 

【容器について】

こ・むぎでは、タッパーウェア(Tupperware)のマキシデコレーターを推奨しています。

お値段は少々はりますが、その構造上、塩分濃度が低くてもカビが生えにくいからです。

マキシデコレーターでなくてもタッパーウェアの容器があればもちろんOKですし、お手持ちの容器があるという方は、それをお持ちください。

もし容器がない場合は、レッスンお申込みのときにお知らせいただければ、こちらでご用意します。(定価3700円)

 

お問い合わせ、お申込みはこちらから↓

お問い合わせ

 

また、仕込んだお味噌を持って帰るのが大変とか、家で置いておく場所がない…という方は、こ・むぎで保管も可能です(保管料はかかりません)。

でもせっかくなので、是非おうちで熟成させてみてくださいね(^^)。

 

ラインの友だち追加はこちらから↓

レッスンや販売、イベントなどの最新情報をいち早くお届けします(^^)
友だち追加

 


メールなどの通信連絡について

2018年12月8日

基本的にこ・むぎへの申込みや、こ・むぎからの連絡はメールでさせていただいています。

ただ、最近起こったソフトバンクの通信障害などからもわかるように、
「通信」っていうのは「絶対大丈夫」とは言い難い、信用できない部分がありますよね。

特にメールは、届いているのかどうかがわかりづらい(>_<)

届いてるけど返信してないだけなのか、本当に届いていないのか。。。

 

私はいただいたメールには必ず2日以内に返信するようにしています。

もし返信がない場合は、
①いただいたメールがこちらに届いていない
②こちらから返信したメールが届いていない

というように、何らかの理由で行方不明になっている場合があると思うのです。

 

実際過去にもそういったことがありました。

 

なので

急ぎの場合、確実に返事がほしい場合は、アナログですが電話でお願いします。

 

また、ラインはメールよりは比較的分かりやすいかなと思っています(これも絶対ではないですけど…)。「既読」になるかならないかもわかるし、メールよりはダイレクトに届く気がします。

 

ラインの「友だち追加」していただいて、1対1のやり取りは他の方にはメッセージは見えないので、安心してメッセージを送っていただけます。また電話でのやり取りも可能です。

ラインの友だち追加はこちらから↓

友だち追加

※電話番号は上記ライン内に記載しています。

 

 

 

 


介護のはなし~入院そして退院後~

2018年12月7日

「介護のはなし~サ高住での生活~」の続きです。

 

11月に入ったある日、尿路感染による熱発(39度超え)で緊急入院となりました。

絶食、寝たきりで点滴のみが3日間。

「これは本当に歩けなくなるな…」と覚悟しました。

事実、ベッド上でオムツの入院生活。

 

点滴がはずれてからは、おかゆや刻み食などが出るようにはなったけど、動くのもベッド横にポータブルを置いて全介助でトイレに行くくらい。

入院期間中は、2日に1回くらい病院に行っていたけど、つじつまの合わない、意味不明なこととか言うようになってくるし。これは早く退院させないと大変なことになるなぁと。

 

実はそれだけじゃなく、主治医が頼りなくて…(^^;)

私的には、この主治医とは早く縁切りたいと思ったのも理由のひとつ。

 

 

10日間の入院生活を経て退院したけど、案の定まったく歩けなくなってしまった。

 

ケアマネさんがいろいろプランを練ってくれて、訪問リハいれたり、デイを増やしたり、朝夕のトイレ介助とか、あれこれ考えてくれたけど、これを全部入れるととても単位数が足りない!!!

私も介護保険の事務職をやっていたので、そのへんの事情はよくわかるけど、これはもうケアマネさんにお任せしよう^m^

 

でもね、退院して施設に戻ったとき、出迎えてくれた職員さんやデイに参加してる人たちから

「おかえりー」「よかったね」って言って歓迎してもらえたり、ハイタッチする姿を見たら、それまでプレッシャーで押しつぶされそうだった心が、なんかフッと軽くなったんです。

「あ、やっぱりここでよかったなぁ…」って。

 

このサ高住は少人数で(全部で19室)、職員さんも一人ひとりきめ細かく見てくれる。

人数が少ないってことは、関係が密になるから、合わないとつらいけど合えばとても居心地よくなるはず。そう思って私はここがいいと思ったことを思い出した。

実際今回の熱発→救急搬送も、もし京都で一人暮らししていたら誰にも発見されず、もしかしたら死んでいたかもしれない。ここに居たから大事に至らずにすんだんだと。

 

義母が馴染むか馴染まないかは、私の責任ではなく、義母自身の問題。

私が無理矢理押し込んだわけじゃないんだし。

 

そう思えるようになったのです(^^)

 

 

ただ食べないのは相変わらずなんだけど、職員さんの話によると、「ついて食べさせてあげると食べるんですよ」と。

確かに1年くらい前に右腕を痛めてから、右腕が上がりにくく食事をするのも左手で右手を持ち上げて助けてあげながら…という感じなんだけど、京都で受診したときは湿布と痛み止めくらいで「何もすることはない」と言われたからそのままにしていた。

食べれないくらい上がらなくなってるなら、なぜそう言わないんだろう。
「力が入らない」とは言うけど、「だから食べられない」とは言わない。

あれこれ先回りして気持ちを汲んで動くのは本当に疲れるんだよー(._.)

黙ってたってわかんない。超能力者じゃないんだからね(ってグチる。。。)

 

まだまだ続く。。。